MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ユーザーのストレスになりにくい動画広告のフォーマットは?【アルファアーキテクト調査】

2018/02/26 11:30

 アルファアーキテクトは、同社が運営する動画プラットフォーム「VeleT(ベレット)」にて、動画広告のフォーマットと、ユーザーへ与えるストレスの関連性について、調査を実施した。

 調査では、インバナー/インリード広告/、インストリーム広告、オーバーレイ広告の3つの広告フォーマットに関して、ユーザーがどのように感じているか、および視聴記憶の有無を質問。その結果、インバナー/インリード広告は、その他2つの広告フォーマットと比較し、広告接触により「ストレスを感じない」と回答したユーザーが約1.6倍多い結果となった。

 また、「(広告フォーマットが)好きである」「企業や商品を好きになる」「欲しくなる/利用したくなる」の項目においても、インバナー/インリード広告が高い数値を示す結果に。インバナー/インフィード広告では、広告に対するユーザーのリアクションもポジティブであることが判明した。

【調査概要】
調査主体:アルファアーキテクト
調査対象:全国の男女1,307人
調査手法:ネットアンケート調査

【関連記事】
電車内の動画広告、2割が興味示した経験あり/YouTuberの認知度は?【ジャストシステム調査】
Twitter動画広告接触者の来店が計測可能に!CAの「AIR TRACK」、新機能のべータ版提供へ
DSP「Logicad」、動画広告メニューをリリース Teadsと連携しインリード広告を配信
セプテーニ、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク専用の動画広告制作システム「ISSEY!」を構築
D2C Rの広告効果測定データ基盤「ART DMP」が動画広告配信プラットフォームと連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5