MarkeZine(マーケジン)

記事種別

最も不快感を持つのは「Webサイト」の動画広告【ジャストシステム調査】

2018/03/20 15:00

 ジャストシステムは「動画&動画広告 月次定点調査(2018年2月度)」の結果を発表した。

 同調査では、2月に閲覧したYouTubeやLINE、Facebook、Instagram、TwitterといったSNSおよびスマートフォンアプリなどのメディアのうち、動画広告が流れて不快感を持ったメディアを質問。その結果、Webサイトと回答した人が80.4%と最も多く、次いでその他のスマートフォンアプリが77.6%、YouTubeが76.2%だった。

 また、2月に動画広告を見た人のうち、21.5%が「不快に感じた動画広告をブロック」していたことが判明した。「不快に感じた動画広告はあったが、ブロックしなかった」人は44.4%、「不快に感じた動画広告はなく、ブロックもしなかった」人は23.1%だった。

 さらに、2月に動画広告を見かけたプラットフォームをすべて挙げてもらったところ、「YouTube」と答えた人が最も多く、74.5%という結果に。次いで、LINEが22.3%、Webサイトが21.1%だった。

【調査概要】
調査名称:「動画&動画広告 月次定点調査(2018年2月度)」
調査期間:2018年2月26日(月)~3月4日(日)
調査対象:15歳~69歳の男女1,100名
調査手法:ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して調査

【関連記事】
SSP「fluct」、DSP「Criteo」とメディア・アプリにおける動画広告RTB取引を開始
3ミニッツとKaizen Platformが協業を発表 SNSに最適化した動画広告配信をサポート
タグピク子会社、ブランディングに強い動画広告配信ネットワークの販売を開始
フルスピードのDSPがスマホ動画アドネットワークと連携 ブランドセーフティー重視の動画配信へ
ユーザーのストレスになりにくい動画広告のフォーマットは?【アルファアーキテクト調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5