MarkeZine(マーケジン)

記事種別

60%のWebマーケ担当者が専門知識や人的リソース不足をアウトソースで解消【フルスピード調査】

2018/05/11 16:45

 アドテクノロジー開発とインターネットマーケティング支援を行うフルスピードは、BtoB向けの顧客獲得施策を行う企業の広告・マーケティング・広報・企画の担当者を対象に、Webマーケティングに関するアンケートを実施した。

Web施策を行う際に最も足りていないものは「上司・経営者の理解」

 Web担当者が顧客獲得施策を実施する際に「足りない」と感じるものを質問した結果、「上司・経営者の理解」を挙げる回答が上位だった。また、人的リソースや予算など外的要因の悩みと、自身の専門知識などの内的要因もそれぞれ「足りないもの」として多くの担当者が挙げており、いずれも30%前後の回答があった。

Q:インターネットを活用した顧客獲得施策を実施する際に「足りない」と感じるものはありますか
Q:インターネットを活用した顧客獲得施策を実施する際に「足りない」と感じるものはありますか

半数以上の担当者が、Web施策ついて「社内に相談できる人がいない」と回答

 Webを活用した顧客獲得施策の方法や内容について、「詳しく相談できる人が全くいない」、「あまりいない」を合わせた「相談できる人がいない」という回答は50.4%で、全体の半数を超えた。一方、「相談できる人がいる」、「具体的なアドバイスをもらっている」を合わせた「相談できる人がいる」という回答は、41.8%だった。

Q:あなたの会社にはインターネットを活用した顧客獲得施策の方法や内容について詳しく相談できる人はいますか
Q:あなたの会社にはインターネットを活用した顧客獲得施策の方法や内容について詳しく相談できる人はいますか

約60%の担当者がWebマーケティング施策を代理店などにアウトソース

 インターネットを活用した広告・宣伝・販売促進を広告代理店などにアウトソースしているかを問う設問では、回答者のおよそ60%が、アウトソースしていると回答。専門知識不足や人的リソース不足の問題を代理店で解決していることがわかった。

Q:インターネットを活用した広告・宣伝・販売促進を広告代理店などにアウトソース(一部含む)していますか

Q:インターネットを活用した広告・宣伝・販売促進を広告代理店などにアウトソース(一部含む)していますか

【調査概要】
調査日時:2018年3月9日
有効回答数:442名
調査対象:全国のBtoB向け顧客獲得施策を実施している広告・マーケティング・広報・企画の担当者
調査方法:Webアンケート

【関連記事】
Webマーケ担当者の47%が顧客獲得施策を「実現できていない」と回答【フルスピード調査】
フルスピードの「ADMATRIX DSP」、Momentumと連携 ブランド保護を強化
フルスピードのDSPがスマホ動画アドネットワークと連携 ブランドセーフティー重視の動画広告配信へ
広告レポートの作成業務を軽減!運用型広告レポート作成ツール「アドレポ」とフルスピードのDSPが連携
スマホ向けブランディング動画配信のポリモフィックアドス、IASによるビューアビリティ計測を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5