MarkeZine(マーケジン)

記事種別

天気や気温に合わせた広告配信!ヴァル研究所、「気象連動型広告」をリリース

2018/06/06 13:15

 乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を提供するヴァル研究所は、2018年7月2日(月)、iPhone・Androidアプリ「駅すぱあと」で、天気や気温に応じて広告を配信できる「気象連動型広告」の提供を開始する。

 「駅すぱあと広告」は、iPhone・Androidで累計850万ダウンロード(2018年6月時点)を超える乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」のユーザー経路検索データを活用し、ユーザーの生活圏や行動情報を独自にセグメント化したターゲティング広告。特定の駅や路線の経路を検索したユーザーに広告を配信する「駅指定配信」「路線指定配信」や、終電時間を検索したユーザーにのみ広告配信が可能な「終電ターゲティング広告」などを提供している。

 新メニューの「気象連動型広告」では、気象情報と位置情報を掛け合わせ、ユーザーごとに異なる広告配信を行う。雨が予想される地域のユーザーには雨の日限定特典の広告を、気温が一定以上を超える地域のユーザーには冷たい飲み物の広告を配信するなど、広告を出し分けることができる。

「気象連動型広告」広告表示画面イメージ
「気象連動型広告」広告表示画面イメージ

 気象状況に合う広告を配信することにより、より効果的な訴求が可能になる。テスト配信では、CTRが最大で230%という結果が得られた。

※CTR(Click Through Rate)は、広告が表示された回数に対してクリックされた割合を指す。
※天気の設定は降水確率をもとに行っている。雨の設定は降水確率50%以上。
※連動する気象情報はユーザーの現在地または出発駅を優先的に取得する。要望に応じて到着駅の情報を優先的に連動することも可能。

【関連記事】
移動情報からユーザーのペルソナを推定、「駅すぱあと」新オーディエンスターゲティング広告を開発
移動予測データに基づく新たな位置情報連動広告を「駅すぱあと」が提供開始
ヴァル研究所とナイトレイ、路線図活用した訪日外国人解析サービスを提供
駅すぱあと、docomo Wi-Fi活用した「O2O型位置連動情報配信システム」による広告配信を開始
乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」、銀座駅周辺でビーコン活用した実証実験を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5