SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Become Feed Platform、Instagramの「ショッピング機能」に対応

 ビカムは、現在提供しているデータフィード最適化サービス「Become Feed Platform(以下、BFP)」において、Instagramの「ショッピング機能(Shop Now)」に必要な製品カタログの生成、Facebookへの連携対応を開始した。これにより、EC事業者は「BFP」「BFPセルフ」を活用して同機能の利用ができる。

 「BFP」は、サイトが保有する商品情報を、InstagramやGoogleショッピング広告、Criteoなどのデータフィードが必要な広告サービスのフォーマットに最適化し、自動でアップロードを行うデータフィード最適化ツールだ。各広告メニューの配信の効率を向上させ、ユーザーに対してより適切な商品の訴求が可能になる。

Instagram「ショッピング機能(Shop Now)」

 6月より実装されたInstagramの「ショッピング機能(Shop Now)」は、投稿する商品画像に対し製品のタグ付けをすることでユーザーを直接商品購入へと誘導できる一方、商品情報をまとめた製品カタログの登録が必要という課題があった。

 今回の連携で同サービスを活用したカタログの自動生成が可能になり、それにともなう人的工数の削減を実現。常に最新のカタログをアップロードすることができるため、ショッピング機能の設定作業における負担が大幅に軽減される。

【関連記事】
マージェリック、Instagram新機能「ショッピング機能」の運用サポートを開始
コマースリンク、Instagram「ショッピング機能」に必要な商品データ自動作成機能を提供開始
シャトルロックジャパン、Instagram公式アカウントの運用サポートサービスを提供開始
Instagram、ビジネス向けにダイレクト機能を改善 購買行動まで一連のアクションを完結可能に
Instagramの全国利用率は27%、最も利用率が高いのは富山県で41%【モニタス調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング