SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通ダイレクトマーケティングと電通ダイレクトソリューションズが合併へ

 電通は、同社100%子会社である電通ダイレクトマーケティング(以下、DDM)と電通ダイレクトソリューションズ(以下、DDS)の2社を、2018年8月1日付で合併させる予定だ。

 DDMは、2007年6月にダイレクトマーケティングの専門会社「電通ダイレクトフォース」として設立。今年4月に電通グループのダイレクト領域リソースを集約する基幹会社として社名を「電通ダイレクトマーケティング」に変更している。

 また、DDSは1985年3月に、電通と米国Y&Rの合弁によりダイレクトマーケティング専門のエージェンシー「電通ワンダーマン」として誕生。CRM領域などのビジネスを展開してきた。今年4月30日にY&Rとの合弁を解消し、現在は電通の100%子会社となっている。

 今回の合併により、ダイレクトマーケティング領域の事業基盤を強化。存続会社となるDDMは、同領域におけるリーディングカンパニーとなるべく、積極的に事業を展開していく。

【関連記事】
ウォンテッドリーと電通が業務提携 名刺管理アプリのデータを活用した企業向けソリューションを共同開発
「世界の広告費成長率予測」発表、ソーシャルとオンライン動画がデジタルの成長を牽引【電通イージス調査】
電通デジタル、Google Cloud Platformのパートナーに認定 ワンストップで製品提供
電通、6月20日深夜に放送されるドラマで広告融合型コンテンツ「アドフュージョンドラマ」を実施
電通、富士山マガジンサービスと合弁会社「株式会社magaport」を設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング