MarkeZine(マーケジン)

記事種別

電通ダイレクトマーケティングと電通ダイレクトソリューションズが合併へ

2018/06/29 11:30

 電通は、同社100%子会社である電通ダイレクトマーケティング(以下、DDM)と電通ダイレクトソリューションズ(以下、DDS)の2社を、2018年8月1日付で合併させる予定だ。

 DDMは、2007年6月にダイレクトマーケティングの専門会社「電通ダイレクトフォース」として設立。今年4月に電通グループのダイレクト領域リソースを集約する基幹会社として社名を「電通ダイレクトマーケティング」に変更している。

 また、DDSは1985年3月に、電通と米国Y&Rの合弁によりダイレクトマーケティング専門のエージェンシー「電通ワンダーマン」として誕生。CRM領域などのビジネスを展開してきた。今年4月30日にY&Rとの合弁を解消し、現在は電通の100%子会社となっている。

 今回の合併により、ダイレクトマーケティング領域の事業基盤を強化。存続会社となるDDMは、同領域におけるリーディングカンパニーとなるべく、積極的に事業を展開していく。

【関連記事】
ウォンテッドリーと電通が業務提携 名刺管理アプリのデータを活用した企業向けソリューションを共同開発
「世界の広告費成長率予測」発表、ソーシャルとオンライン動画がデジタルの成長を牽引【電通イージス調査】
電通デジタル、Google Cloud Platformのパートナーに認定 ワンストップで製品提供
電通、6月20日深夜に放送されるドラマで広告融合型コンテンツ「アドフュージョンドラマ」を実施
電通、富士山マガジンサービスと合弁会社「株式会社magaport」を設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5