SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第73号(2022年1月号)
特集「2022年の消費者インサイト」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』特集

口コミが消費者の意思決定に及ぼす影響と活用の道筋

 誰もがSNSで気軽に情報発信できる時代になった今、世の中は口コミで溢れている。その一方で、口コミの信頼性や価値が、あらためて問われる時代になっている。消費者の意思決定において、口コミの影響はどのように変化しているのか。口コミに対しての、消費者や企業との向き合い方を探りたい。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

※本記事は、2018年7月25日刊行の定期誌『MarkeZine』31号に掲載したものです。目次はこちら!

●口コミをマーケティングする
●米国での潮流:WOMMAが全米広告主協会(ANA)の一部門に
●口コミの進化の変遷〜リアルな口コミから多様化へ
●口コミと口コミ・マーケティングの定義
●マーケターの想像を超える口コミのメカニズム
●自然発生的な口コミ
●喚起された口コミ(口コミ・マーケティング)
●ポジティブな口コミを誘発するためのコミュニティ活用
●BtoB企業も口コミ・マーケティングと無縁ではない

口コミをマーケティングする

 誰もがネットやソーシャルメディアで情報発信できる時代になった今、ネット上の口コミには注目が集まる一方だ。新しいプラットフォームや、ユーザー参加型のサービス、インフルエンサー・マーケティングへの注目など、今や消費者発信による口コミの重要性は無視できない。その一方、口コミを作り出す具体策、あるいは話題を活性化させる方法論をマーケティングとして語れる人は、おそらくほとんどいないのが現状ではないだろうか。

 そもそも口コミはコントロールできないものであり、マーケティングの対象ではないというのが一般的な感覚であろう。これは日本ではマーケティングといえば、マス・マーケティングという連想が強いからだ。マス・マーケティングについてはノウハウが蓄積し、たとえば広告会社によるマーケティング戦略は充実を極めている。しかし、口コミをマーケティングとして捉える視点は、今の日本にはまだまだ根付いていない。要するに口コミ・マーケティングは発展途上なのである。そこで本稿では、口コミ・マーケティングの知見や、口コミが消費者の意思決定に及ぼす影響について解説していく。

この記事の続きはMarkeZineプレミアム会員になるとお読みいただけます。
詳細はこちら
プレミアム記事を毎月1冊にまとめてお届けする定期誌『MarkeZine』年間購読サービスもございます。
詳細はこちら

次のページ
米国での潮流:WOMMAが全米広告主協会(ANA)の一部門に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
定期誌『MarkeZine』特集連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

藤崎 実(フジサキ ミノル)

東京工科大学 メディア学部 専任講師 博報堂宗形チーム、大広インテレクト、読売広告社、TBWA\HAKUHODO、アジャイルメディア・ネットワークを経て現職。東京コピーライターズクラブ会員。CMプランナーを経てクリエイティブディレクター、マーケティングディレクター。変わりゆく時代とメディアの最前線...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/07/25 13:15 https://markezine.jp/article/detail/28857

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング