SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

セールスフォースの「Service Cloud Einstein」に新機能 カスタマーサービスを改善

 セールスフォース・ドットコムは、同社が提供するカスタマーサービスプラットフォーム「Service Cloud Einstein」において、最新機能の提供開始を発表した。今回追加された新機能は、カスタマーサービスの生産性を高める「Einstein Bots」、顧客とのエンゲージメントを図るプロセスを素早く設計・自動化する「Lightning Flow」、カスタマーサービス担当者向けに顧客対応におけるレコメンデーションを出す「Einstein Next Best Action」の3つ。

 Einstein Bots機能は、問い合わせ対応の自動化に加え、担当者に代わって顧客情報を収集する。問い合わせ内容に対し適切なカスタマーサービス担当者に顧客対応の割り当てをタイムリーに行うことで、生産性を高めることが可能になる。

 Lightning Flow機能は、ガイド付きのプロセスよって、必要事項の入力など、顧客の登録手続きや、カスタマーサービス担当者向けの問題解決に必要なワークフローの手順を提示する。これにより、顧客とのやり取りから必要な作業を推測するのではなく、顧客情報を把握して適切なサービス提供をすることが可能となる。

 Einstein Next Best Action機能は、ルールベースの予測モデルを活用することで、顧客に対し、クロスセルやアップセルのためのレコメンデーションや提案を行うことができる。Service Cloudコンソール上に直接インサイトを表示することで、迅速な問題解決や、顧客ロイヤリティの向上、アップセルの機会につなげるなど、非常に大きな効果が見込める。

 Einstein BotsとLightning Flowは、既に提供を開始。Einstein Next Best Actionのみ、現在はパイロット版での提供を行っている。

【関連記事】
セールスフォース、Datoramaを買収 ビッグデータ活用でMarketing Cloudを強化
セールスフォース、Google アナリティクス 360との連携ソリューションを国内で提供開始
「AdFlow」とセールスフォースのマーケティングプラットフォームが連携 業務効率化とCX改善に貢献
セールスフォース・ドットコム、福岡に新オフィスを開設
セールスフォース・ドットコム、小規模・スタートアップ企業向けのCRMアプリケーションを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング