MarkeZine(マーケジン)

記事種別

コンビニのキャッシュレス決済普及率は約3割/10代にスマホ決済が最も浸透【ジャストシステム調査】

2018/07/26 17:45

 ジャストシステムは、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年6月度)」の結果を発表した。

コンビニのキャッシュレス決済普及率は約3割に上昇

 商品・サービス購入時の支払い方法について、決済シーンごとに調査をした。結果、「現金を使わない」もしくは「現金を使わないことが多い」と答えた人の割合は、「公共交通機関」において44.6%(前回43.9%)、「コンビニ」で34.5%(前回27.2%)、「ファストフード店やファミリーレストランなどの飲食店」では25.5%(前回18.4%)など、いずれのシーンにおいても2016年9月度の前回調査に比べキャッシュレス化が進んでいることがわかった。

「スマホ決済」が最も浸透しているのは10~20代

 上記の質問で「現金を使わない」もしくは「現金を使わないことが多い」と答えた人を対象に、ネットショッピングを除いて、リアルで利用している現金以外の決済方法を聞いたところ、「クレジットカード」(81.4%)が最も多かった。次いで、「プリペイドカードなどのカード型電子マネー」(51.6%)、「スマートフォンの決済機能」(16.3%)となった。

 年代別に「スマートフォンの決済機能」を利用している人の割合を見てみると、30代の19.4%や40代の13.1%に対し、10代は25.8%、20代は24.8%だった。若年層の間でスマートフォンでの決済が浸透し始めていることを裏付ける数字となった。

スマホ決済のシェア率1位は「Apple Pay」

 続いて、スマートフォンで決済を行う人にその方法について調査したところ(※複数回答可)、44.7%が「Apple Pay」と回答。次いで、「楽天ペイ」「LINE Pay」(ともに24.3%)、「Google Pay」(23.0%)、「d払い」(21.1%)の順となった。

【調査概要】
2018年6月19日(火)~6月25日(月)
調査対象:15歳~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

【関連記事】
20・30代男性の4人に1人はスマホアプリによる決済を利用【楽天リサーチ調べ】
レストラン検索から決済までがアプリで完結!ぐるなび、Alipayとアクワイアリング契約締結
第一興商、中国人向けモバイル決済サービス「WeChat Pay」をビッグエコーに導入
ヤフーのアプリ「Yahoo! JAPAN」にて、実店舗でのスマホ決済機能がリリース
東京都内3店舗のローソンでセルフ決済サービス「ローソンスマホペイ」の実証実験がスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5