SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』メディアデータから掴むインサイト

日用消費財のオンライン購買の実態と将来

 スマホを使っている時に、ふと思い出したように商品をECサイトで“ポチる”。そんな経験をしたことがある読者の方も多いのではないでしょうか。今や様々なサービスがオンラインに置き換わり、お店に行かなくてもモノを買ったりサービスを受けたりできます。特に最近では、これまで実店舗での購買が多かった食品や日用雑貨といった日用消費財までオンラインで買い始める人が増えています。手近で買えるモノまでオンラインで買っているのはどんな人たちなのでしょうか? また、彼らはどのように情報に接触しているのでしょうか? 本稿ではそうした生活者の実態に迫っていきます。

※本記事は、2018年8月25日刊行の定期誌『MarkeZine』32号に掲載したものです。

日用消費財のオンライン購入実態

 はじめに、日用消費財をオンラインで購入している人がどれくらいいるのか、その実態を捉えていきます。2017年10月〜12月の3ヵ月間を対象にすると、日用消費財をオンラインで購入したことがある人の割合はインターネット利用人口に対して34.3%という結果でした。必ずしもすべての人が買っているわけではなく、買い始めるまでに一つのハードルがあるように思います。

 次に、どれだけ買っているのかを見ていきましょう。図表1は、横軸に日用消費財の総消費金額に占めるオンライン購入の割合、縦軸に人数構成比をとった分布です。

図表1 日用消費財のオンライン購入実態
図表1 日用消費財のオンライン購入実態

 分布の山は横軸で見て5〜10%のところにあり、中央値は13.3%という結果でした。すなわち日用消費財の総消費に占める10%程度をオンラインで買う人たちがメインな層だと捉えることができます。ただし、中には総消費の4分の1以上や半分以上をオンラインで買う人もいることが見てとれます。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

プレミアムサービス詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
・こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。
・チームメンバーをユーザーとして登録することができます。
 ユーザー登録は管理者アカウントで手続きしてください。
 手続き方法の詳細はこちら

次のページ
商品カテゴリーごとのオンライン購入率

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
定期誌『MarkeZine』メディアデータから掴むインサイト連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

中野 暁(ナカノ サトシ)

株式会社インテージ コミュニケーション事業本部 マネージャー 兼 慶應義塾大学 産業研究所 共同研究員2014年にインテージ入社後、メディア領域を主として、シングルソースパネル(i-SSP)の設計/品質管理、データ解析、研究開発などに従事。現在は全数系ビッグデータ("集まる"データ)の価値開発事業...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/08/24 14:45 https://markezine.jp/article/detail/29049

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング