MarkeZine(マーケジン)

記事種別

日用消費財のオンライン購買の実態と将来

2018/08/24 14:45

 スマホを使っている時に、ふと思い出したように商品をECサイトで“ポチる”。そんな経験をしたことがある読者の方も多いのではないでしょうか。今や様々なサービスがオンラインに置き換わり、お店に行かなくてもモノを買ったりサービスを受けたりできます。特に最近では、これまで実店舗での購買が多かった食品や日用雑貨といった日用消費財までオンラインで買い始める人が増えています。手近で買えるモノまでオンラインで買っているのはどんな人たちなのでしょうか? また、彼らはどのように情報に接触しているのでしょうか? 本稿ではそうした生活者の実態に迫っていきます。

※本記事は、2018年8月25日刊行の定期誌『MarkeZine』32号に掲載したものです。

日用消費財のオンライン購入実態

 はじめに、日用消費財をオンラインで購入している人がどれくらいいるのか、その実態を捉えていきます。2017年10月〜12月の3ヵ月間を対象にすると、日用消費財をオンラインで購入したことがある人の割合はインターネット利用人口に対して34.3%という結果でした。必ずしもすべての人が買っているわけではなく、買い始めるまでに一つのハードルがあるように思います。

 次に、どれだけ買っているのかを見ていきましょう。図表1は、横軸に日用消費財の総消費金額に占めるオンライン購入の割合、縦軸に人数構成比をとった分布です。

図表1 日用消費財のオンライン購入実態
図表1 日用消費財のオンライン購入実態

 分布の山は横軸で見て5〜10%のところにあり、中央値は13.3%という結果でした。すなわち日用消費財の総消費に占める10%程度をオンラインで買う人たちがメインな層だと捉えることができます。ただし、中には総消費の4分の1以上や半分以上をオンラインで買う人もいることが見てとれます。


この続きは定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後すぐにこの続きを閲覧いただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスの最新情報を、毎月1冊にまとめてお届けします。キーパーソンの生の声や、注目領域の最新動向に関する厳選された情報を、手軽に把握することができます。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。
●Webでも限定記事が読める
●プレミアムイベントにご招待
●データダウンロードサービス『MarkeZine Stock』が使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5