MarkeZine(マーケジン)

記事種別

広告の鬼・吉田秀雄の偉業を再び マイデータ・情報銀行の仕事をゼロから創りあげる

2018/09/21 14:00

 先日、電通グループは新会社「株式会社マイデータ・インテリジェンス」を立ち上げた。設立の背景にはデータ社会の到来を見据え、中長期的な観点から新たなビジネスモデルを構築するという狙いがある。「仕事は自ら『創る』べきで、与えられるべきでない」。吉田秀雄氏のようにゼロからの市場創造に今挑むべきタイミングだ。

仕事は自ら「創る」べきもの 吉田秀雄の思い

「仕事は自ら『創る』べきで、与えられるべきでない」

「仕事とは、先手先手と働き掛けて行くことで、受け身でやるものではない」

 批判される覚悟でいうが、私は、電通「鬼十則」が好きだ。特に、この第1則と第2則が気に入っている。電通「鬼十則」は、吉田秀雄氏(電通第4代社長)が昭和26(1951)年に作った。だが、周知の通り、時代錯誤の表現などが問題視されて、電通の社員手帳から削除されてしまった。もちろん、そのことに異論はないのだが。

 『電通を育てた”広告の鬼” 吉田秀雄』など資料に目を通して思う。吉田秀雄という男は、本来、自分を鼓舞するために「鬼十則」を書いたのではないか? なぜなら、戦後の混乱期に、日本の復興と広告業界の発展を信じ、当時は普及していなかったラジオ・テレビ広告の礎を築いたからだ。

 そもそも、民放ラジオ・テレビ市場が存在しなかった。ゼロから創るしかない。「仕事は自ら『創る』べきで、与えられるべきでない」。それは、まずもって、自己の魂を高めるためだったのではないか?

 昭和22(1947)年、のちに第8代電通社長になった木暮剛平氏に、吉田秀雄氏は語ったらしい。

「戦時中の軍需産業中心型の経済から、自由経済に変わり、国民の生活を豊かにするための商品やサービスの生産を中心とする経済社会へと転換する。米国と同じように広告の役割は増大し、広告会社の花咲く時代が訪れる」(『電通を育てた”広告の鬼” 吉田秀雄』引用 p33)

 日本と広告業界の将来を案じ、ゼロから市場を創り上げた男の、気概を感じる言葉だと思った。

 先日(2018年9月3日)、電通グループは新会社「株式会社マイデータ・インテリジェンス」を立ち上げた。私は、この会社設立の背景には、業界の地殻変動があるとみている。今、種を撒くことで、将来、花開く時が訪れる。吉田氏が電波事業に足を踏み入れ、5年、10年かけて仕事を創り上げたように。

 私は電通の社員ではないが、委託を受けて電通の業務に少し関与している(まぁ、仕事をもらっていると言ったほうが正確かもしれない)。この「マイデータ・インテリジェンス」設立にも、この1年半ほど関わってきた。「マイデータ」という単語は、広告業界ではまだ馴染みがないと思うが、それ以外にも、PDS(Personal Data Store)、オープンデータ、情報銀行、データ取引市場など、この分野に関連する専門用語がある。できれば、「内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室の資料」や「MyData.org」などの資料を確認してほしい。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5