SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Repro、AI搭載のWebマーケティングツール「Repro Web」の提供を開始

 アプリマーケティングツール「Repro(リプロ)」を中心に展開するReproは10月4日、新たなWebマーケティングツール「Repro Web」の提供を開始した。

 「Repro」は、アプリユーザーの行動・属性データを取得し、プッシュ通知やアプリ内メッセージ、広告配信といったマーケティング施策に活用できるツール。2018年5月時点で、世界59ヵ国5,000以上のアプリへの導入実績を持つ。

 今回Reproは、これまでのアプリ領域に加えて、新たにWebのマーケティングツール「Repro Web」をリリースした。同ツールはアプリ版同様、サイト来訪者の行動・属性データを取得し、課題を可視化。課題に応じたWebメッセージを、サービスに適したデザインで、かつ直観的な操作で配信することができる。

 他にも、検索を軸にしたユーザーの獲得に強みを持つWebと、獲得したユーザーをコンバージョンにつなげることに適したアプリの両チャネルの特徴を活かした統合的なデジタルマーケティングを実現。「Web上で商品を閲覧し、商品Aをお気に入りに追加したユーザーに、商品Aが特別価格で購入できるキャンペーンをアプリ内のプッシュ通知で配信。購買につなげる」といった施策が一つの管理画面上でシームレスに行える。

 同ツールは、「Repro」の既存クライアントを中心にクローズドベータ版の提供を2018年6月より開始しており、既にディップの「バイトル」やGMOペパボの「minne」などへの導入が決定している。

 さらに同社は、AIの研究開発チーム「Repro AI Labs」を立ち上げるなど、マーケティングの自動化に向けて、積極的な投資を行っている。統合的なマーケティングのみならず、「プッシュ時間の最適化」など、AIによって人間の作業ではカバーできない領域のマーケティングも可能にしている。

 通常「プッシュ通知」においては、対象のアプリ上でユーザーが最も閲覧する時間帯に通知を一斉配信するのが一般的だ。一方「Repro」では、ユーザーごとに最適な時間を自動的に算出。早朝4時や5時であっても、ユーザーに喜ばれる施策の実施を提案する。

 同社が行った実証実験では、16~17時に行っていた一斉配信に対して時間帯最適化機能を使ったところ、期待行動をするユーザーが20%増するといった成果が見られた。

【関連記事】
「CONNECT BAY」が「Repro」と連携 アプリデータを活用したLINEセグメント配信を実現
オプトの「Spin App」が「Repro」と連携 アプリデータを統合しリテンション施策へ応用可能に
Repro、集英社の「少年ジャンプ+」でレコメンドプッシュ通知機能の実証実験をスタート
テレビ東京ダイレクト、同社ショッピングアプリに「Repro」を導入 リテンション目的に 
デジタルガレージとReproが協業 ゲームアプリ向けにCRMのコンサルティングサービスを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/10 12:09 https://markezine.jp/article/detail/29367

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング