SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、保有するビッグデータを活用した実証実験を開始 ユーザーへの便益創出&企業の課題解決へ

 ヤフーは、保有するビッグデータを基に独自のスコアを開発し、同スコアを活用することで、「Yahoo! JAPAN ID」のユーザーに対する特典プログラムの実施や、パートナー企業の課題解決などを図る実証実験を開始する。約260社が加盟するシェアリングエコノミー協会や一休などが参画を表明している。

施策のイメージ
施策のイメージ

 同社は、「Yahoo! JAPAN ID」の基盤を活用しこの分野に参入。IDに紐づく様々なビッグデータをもとに機械的に算出したスコアを、統計情報として「Yahoo! JAPAN ID」連携パートナー企業(一部、導入予定企業を含む)に提供する。そして、IDを持つユーザーにどのような便益をもたらすことができるのか、またパートナー企業が抱える課題をどのように解決できるかなどを、各企業とともに検証する。

 たとえば、シェアリングサービス領域では、スコアを活用し申し込み時の手続きの簡略化や保証金の免除をはじめ、安心してモノの売買や貸し借りができる環境の構築が期待できる。また予約領域では、スコアに応じて先行的に予約できる特典の付与などが考えられる。

 同社は、この施策を2018年内に本格的に開始する予定だ。特定の企業との実証実験を実施する中で、サービスとしての可能性をはかりつつ、スコアの有効性やユーザーの便益創出を目指す。

 なお同社は、ユーザーのプライバシーの保護に配慮して施策を実施する。具体的には、スコアは「Yahoo! JAPAN ID」ごとに算出。パートナー企業への実際のスコア提供は、ID連携時の「同意画面」において、同意を得たユーザーのみで、スコアの作成を希望しないユーザーには、算出を拒否できる仕組みを用意する。また、ユーザーへの将来的なスコアの開示など、安心して利用できる環境を整備していく。

【関連記事】
tensoがヤフー台湾、ヤフーと業務提携 日本と台湾間の越境ECにおいて連携開始
ヤフー、「クラシル」を運営するdelyを子会社化
ヤフー、Yahoo!アドエクスチェンジでヘッダービディングを用いた広告配信が可能に
グルメサービス「Retty」にYJキャピタルが資本参加 ヤフーとの戦略的パートナーシップを構築
ヤフー、AI×ビッグデータで顧客を支援する実証実験を本格化 日産やJリーグなどに続く参画者を募集

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/10 15:30 https://markezine.jp/article/detail/29427

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング