SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

世界のトレンドを読む

ミレニアル世代の健康観

 米フィットネス業界の最新動向からミレニアル世代に見る新しい健康観、フィットネス消費のあり方を紹介する。

※本記事は、2018年10月25日刊行の定期誌『MarkeZine』34号に掲載したものです。

 「フィットネス」と聞くと、ジムでウェイトトレーニングをしたり、ランニングマシンやエアロバイクで有酸素運動をしたりといったイメージを思い浮かべるのではないだろうか。しかし今、ミレニアル世代に人気の「ブティック・フィットネス」の普及でフィットネスのイメージが大きく変わりつつある。

 ブティック・フィットネスとは、多くのトレーニングマシンが並ぶ大型のフィットネスクラブとは異なり、小規模でヨガ、スピン、ブートキャンプ、ボクササイズなど特定のアクティビティに特化したクラスを実施しているフィットネスクラブのことだ。

 支払い・参加における柔軟性や小規模だからこそ醸成されるコミュニティ感がミレニアル世代の人気を呼んでいる。

 またブティック・フィットネスの普及で、ミレニアル世代を中心にこれまでとは異なるフィットネス消費のパターンが出現し、フィットネス産業に関わる人々の注目を集めている。

 今回は、米国のブティック・フィットネスにまつわる最新動向を紹介するとともに、ミレニアル世代に見る新しいフィットネス消費のあり方をお伝えしたい。

この記事の続きはMarkeZineプレミアム会員になるとお読みいただけます。
詳細はこちら
プレミアム記事を毎月1冊にまとめてお届けする定期誌『MarkeZine』年間購読サービスもございます。
詳細はこちら

次のページ
スピン、ブートキャンプ、ヨガによるフィットネス産業のディスラプション

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
世界のトレンドを読む連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

細谷 元(Livit)(ホソヤ ゲン)

シンガポールを拠点にフィンテックやドローンなど先端テクノロジーに関する情報を実践を通して発信。現地ネットワークを生かしアジア新興国のリアルを伝える。Livit Singapore CTO。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング