SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マーケティング領域でも活用!幅広い業界で活用される大規模データ解析サービス「CALC」に新機能追加

 電通国際情報サービス、ソニーコンピュータサイエンス研究所およびクウジットは、AIによる大規模データ解析サービス「CALC(カルク)」に新機能を搭載した。

 「CALC」は、解析ツールやデータ分析、コンサルティングなどを含む統合的なサービス。ソニーコンピュータサイエンス研究所が開発した独自のAI技術である「CALC」を2017年5月に製品化し、3社が共同で事業展開している。同サービスは、データ内関係因子における直接的な要因・原因を抽出するもので、自動車、精密機械、重工業、化学、サービスなどの業界において、品質改善、顧客満足度、マーケティング、人事といった領域で、問題の予防や改善などの施策検討に活用されている。

 新機能は、投入データに含まれない隠れた要因の存在と、それがどこにあるかを推測する。大規模データ解析では、求める結果に対して投入データが必要十分か否かを判別しづらいことが課題とされていた。新機能を活用すれば、分析結果に影響を与える重要なデータが不足しているかどうか、そしてどこに不足する要因があるかを知ることができる。これにより、追加すべきデータを推定し、それを収集するための施策を検討するなど、効果的なPDCAサイクルを確立することが可能だ。

 この他にも、データ中の欠損レコードを自動処理する機能や、重要な複数要因の組み合わせを自動抽出する機能、ダッシュボード機能なども新たに搭載した。

【関連記事】
ISID、TOKYO MXと連携しライブコマースの実証実験を開始
ISID、AIRDOのWebサイトをリニューアル フルレスポンシブ化やUX起点のUI設計を実施
ISID、ソーシャル分析ツール「NetBase」の提供を開始 
電通デジタルとISID、 マーケティングシステム領域におけるグループ横断組織を立ち上げ
ISID、金融機関向けLINEカスタマーコネクト導入支援サービスを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/16 17:00 https://markezine.jp/article/detail/29484

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング