SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

RIZAP、ゴルフジム事業のアプリマーケティング戦略として「Repro」を採用

 RIZAP(ライザップ)は、同社が運営するゴルフアプリ「GOLF SCORE」「GOLF LESSON」において、マーケティングプラットフォーム「Repro(リプロ)」を導入した。

 「GOLF SCORE」は、ゴルフスコアの管理ができるアプリとしてゴルフファンから高い評価を得ており、ユーザー間の口コミによってユーザー数が増加している。同アプリはRIZAPのアプリマーケティング戦略に沿った形で運営されており、集客によって新規ユーザーを獲得するチャネルの役割を担っている。

 一方「GOLF LESSON」は、パーソナルゴルフジム「RIZAP GOLF」において、来店時以外のコミュニケーションツールとして活用されているアプリだ。これを利用することで同ゴルフジムのゲストとトレーナーは、レッスン内容の振り返り動画を送受信したり、自主練習へのアドバイスをアプリ内で個別に受けたりすることができる。ユーザーのゴルフスコアなどに応じて、同社が提供するその他関連サービスへの送客も行う。

 「Repro」導入によって同社は、こうした新規ユーザーの獲得を目的としたデジタルマーケティングや、ユーザーの定着・育成を行うCRMを実現する両アプリのパフォーマンス最大化を図っていく。

 「GOLF SCORE」においては、同プラットフォームの分析機能を活用し、ユーザーのアプリ内行動からスキル、属性に至るまで、1人1人に応じた情報の訴求をプッシュ通知で行う。ゴルフスコアデータにもとづいたワンポイントレッスン動画の配信なども可能になるため、ユーザーのゴルフに対するモチベーションやサービスへの満足度向上に貢献する。

 「GOLF LESSON」では、アプリ内のメッセージ機能を活用して、レッスン後のアンケートを実施。レッスンの満足度調査や接客に対するフィードバックなどからゲストの声を吸い上げることで、サービスの向上につなげたい考えだ。

 また、両アプリはユーザーのID連携に対応しているため、同社は双方のアプリをまたいだ横断的なマーケティング施策の実施を予定している。ユーザーが必要とする情報を必要なタイミングで提供することで、アプリにおけるユーザー体験を改善していく。

【関連記事】
RIZAP、ライブコマースに参入 メルカリのライブ配信機能を活用
サボると料金が上がる? オンラインダイエットプログラム「RIZAP ONLINE」提供開始
Repro、AI搭載のWebマーケティングツール「Repro Web」の提供を開始
「CONNECT BAY」が「Repro」と連携 アプリデータを活用したLINEセグメント配信を実現
オプトの「Spin App」が「Repro」と連携 アプリデータを統合しリテンション施策へ応用可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/25 09:30 https://markezine.jp/article/detail/29557

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング