SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE上で「Tカード」などのポイントカードが使えるように!「LINEウォレット」に新機能が追加

 LINEは、「LINE」上で展開する“LINEのおサイフ”「LINEウォレット」において、日本のユーザーを対象に「マイカード」と「LINEクーポン」の機能を新たに追加した(※)。

 「LINEウォレット」は、「LINE」内であらゆるお金のやりとりや管理を一元化できる場所を目指してアップデートを続けている。

 今回追加された「マイカード」機能は、多様なライフスタイルブランドやポイントサービスのポイントカードや会員証などを「LINEウォレット」内に集約し、それらの情報を一括して管理することができるというもの。現時点で「マイカード」に登録できるものは、「Tカード」「Pontaカード」など以下の通り。今後、順次追加される予定だ。

「マイカード」に集約できるポイントカード・会員証

「マイカード」に集約できるポイントカード・会員証

 また「LINEクーポン」機能は、全国で店舗展開する飲食ブランドのクーポンを集約して提供するというもの。現時点で「LINEクーポン」でクーポンを提供するブランドは以下の通り。

クーポン提供ブランド
クーポン提供ブランド

  新機能の追加により、ユーザーは「LINE」があればポイントカードやクーポンを持ち歩く必要がなくなる。同社は、コミュニケーションツールとしての「LINE」の利便性向上を図るとともに、「LINEウォレット」であらゆるお金のやり取りができるよう今後も機能拡充に努め、キャッシュレス・ウォレットレス社会を推進していく。

(※)「LINEクーポン」と「マイカード」は、Android OSまたはiOSでVer.8.3.0以上の「LINE」をインストールする必要がある。

【関連記事】
LINEデリマ、トーク上で店舗検索ができる新機能を追加 「LINE上完結するデリバリー体験」を目指す
LINE Sales Promotionに「LINEオープンキャンペーン」が!クリスマス福袋の実施も
LINEの店頭販促ソリューションに「ビデオオプション」が追加 抽選結果の待ち時間にもブランド体験を
加入まで最短60秒!LINE Financialと損害保険ジャパン日本興亜「LINEほけん」を提供
チケットの検索から購入・入場までをLINE上で完結! LINE TICKETがサービスをリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング