SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヒートマップ分析でWeb接客を最適化!Free Spark、サイト内改善ツール「SPARK」を強化

 Free Spark(フリースパーク)は11月27日、サイト内改善ツール「SPARK」において、「ヒートマップ分析機能」を追加した。

利用イメージ
利用イメージ

 「SPARK」は、誰でも気軽にサイト内改善を行えるよう「Web接客」「チャットボット」「EFO(エントリーフォーム最適化)」などの機能を備えたマーケティングプラットフォーム。

 同プラットフォームを導入することで、サイト内マーケティングを実施したい企業は「Web接客」「チャットボット」「EFO」「ヒートマップ分析」など、主要なサイト内改善ツールをワンストップで利用可能となり、大幅なコスト削減が実現できる。

 また同プラットフォームでは、これまでサービスごとに発生していたタグの貼り付けや、管理画面での設定、効果レポートの確認といった運用工程を一元管理できる。これまでの運用工数と比較して、約60%の工数削減が実現した事例もある。

 これらの機能を活用することで企業は、ページのスクロール率に応じたバナーの出し分けや、広告流入元に応じたチャットボットのシナリオ変更などが行える。これによって、必要なユーザーに対して、最適なタイミングでのコミュニケーションを図ることができる。

【関連記事】
CCI、媒体社向けに「CCI MEDIA DOCK」をリリース サイト改善など5つの支援ツールを統合
パソナとWACUL、Webマーケティング支援で協業~AIによるサイト改善案を実行までサポート可能に
UNCOVER TRUTHとKaizen Platform、Web改善ワンストップサービスの提供開始
Kaizen Platform、サイト改善支援チームを提供する「特化型グロースハックチーム」開始
Kaizen Platform、サイト改善事例ライブラリの提供を開始~同業種の事例も確認可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング