MarkeZine(マーケジン)

記事種別

調査結果をインフォグラフィックスで見せるポイントとは?

2018/12/25 15:00

 調査結果の報告者にとって、報告相手に分析結果や考察の要点をわかりやすくコンパクトに伝えることはとても重要なことです。そうは思いながらも一方で、大量の図表を並べ、文章で延々と説明することになり、“伝え方”で苦労をしたという経験がある方も多いのではないでしょうか。本稿では、掃除用ロボットの購入者に行った調査結果を例に、ビジュアルでデータを伝える方法の1つ「インフォグラフィックス」の一例を見ていきます。インフォグラフィックスは、セグメントやクラスターごとのプロファイル・特徴を比較する場合や、消費者の購買行動や商品使用過程などのカスタマージャーニー描写、あるいはメディア接触状況の組み合わせなどのように、多くの変数を一度に俯瞰したい場合や要点を縮約したい場合に特に有効です。

※本記事は、2018年12月25日刊行の定期誌『MarkeZine』36号に掲載したものです。

数表だけで読み解くと

 まずは、調査結果を個々に見ていきましょう。図表1は掃除用ロボットの最大の購入目的、図表2は購入チャネルの割合です。

図表1 掃除用ロボットの購入目的 <第1位の目的>掃除用ロボットの購入者(n=300)/単位:%
図表1 掃除用ロボットの購入目的 <第1位の目的>掃除用ロボットの購入者(n=300)/単位:%
図表2 掃除用ロボットの購入チャネル掃除用ロボットの購入者(n=300)/単位:%
図表2 掃除用ロボットの購入チャネル掃除用ロボットの購入者(n=300)/単位:%

 これらの2つの結果を掛け合わせ、回答者を<購入目的×購入チャネル>の4類型に分類したものが図表3です。

図表3 掃除用ロボットの購入目的×チャネルの類型掃除用ロボット購入者(図表1・2いずれかで「その他」に該当した人を除く)(n=256)
図表3 掃除用ロボットの購入目的×チャネルの類型掃除用ロボット購入者(図表1・2いずれかで「その他」に該当した人を除く)(n=256)

 図表4は各タイプの回答者が掃除用ロボットの購入検討〜購買に至る間に接触した情報媒体です※1

図表4 掃除用ロボット購入時の情報源掃除用ロボット購入者(図表1・2いずれかで「その他」に該当した人を除く)(n=256)/単位:%
図表4 掃除用ロボット購入時の情報源掃除用ロボット購入者(図表1・2いずれかで「その他」に該当した人を除く)(n=256)/単位:%

 たったこれだけでも、瞬時に全体構造を理解して特徴を言語化するのは、かなりの熟達が必要かもしれません。さらに、実際はもっと膨大・複雑なデータになることも多いでしょう。そこで、どのような点に着目しながらビジュアル化していくと良いのか? これらの結果を、インフォグラフィックスを用いて表現していきたいと思います。

※1 実際の28個の選択肢から15個に集約して提示


この続きは、定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後にお読みいただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスで今必要な情報を、毎月厳選してお届けする年間サービスです。先進事例、キーパーソンの考え方、成果を出すノウハウなど、効率よく学ぶことができます。紙の雑誌をお届けするほか、以下の様な特典があります。
●プレミアムイベントに特別招待
●プレミアム記事がWebで読み放題
●「MarkeZine Stock」のデータが使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5