SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』データで読み解く

調査結果をインフォグラフィックスで見せるポイントとは?

 調査結果の報告者にとって、報告相手に分析結果や考察の要点をわかりやすくコンパクトに伝えることはとても重要なことです。そうは思いながらも一方で、大量の図表を並べ、文章で延々と説明することになり、“伝え方”で苦労をしたという経験がある方も多いのではないでしょうか。本稿では、掃除用ロボットの購入者に行った調査結果を例に、ビジュアルでデータを伝える方法の1つ「インフォグラフィックス」の一例を見ていきます。インフォグラフィックスは、セグメントやクラスターごとのプロファイル・特徴を比較する場合や、消費者の購買行動や商品使用過程などのカスタマージャーニー描写、あるいはメディア接触状況の組み合わせなどのように、多くの変数を一度に俯瞰したい場合や要点を縮約したい場合に特に有効です。

※本記事は、2018年12月25日刊行の定期誌『MarkeZine』36号に掲載したものです。

数表だけで読み解くと

 まずは、調査結果を個々に見ていきましょう。図表1は掃除用ロボットの最大の購入目的、図表2は購入チャネルの割合です。

図表1 掃除用ロボットの購入目的 <第1位の目的>掃除用ロボットの購入者(n=300)/単位:%
図表1 掃除用ロボットの購入目的 <第1位の目的>掃除用ロボットの購入者(n=300)/単位:%
図表2 掃除用ロボットの購入チャネル掃除用ロボットの購入者(n=300)/単位:%
図表2 掃除用ロボットの購入チャネル掃除用ロボットの購入者(n=300)/単位:%

 これらの2つの結果を掛け合わせ、回答者を<購入目的×購入チャネル>の4類型に分類したものが図表3です。

図表3 掃除用ロボットの購入目的×チャネルの類型掃除用ロボット購入者(図表1・2いずれかで「その他」に該当した人を除く)(n=256)
図表3 掃除用ロボットの購入目的×チャネルの類型掃除用ロボット購入者(図表1・2いずれかで「その他」に該当した人を除く)(n=256)

 図表4は各タイプの回答者が掃除用ロボットの購入検討〜購買に至る間に接触した情報媒体です※1

図表4 掃除用ロボット購入時の情報源掃除用ロボット購入者(図表1・2いずれかで「その他」に該当した人を除く)(n=256)/単位:%
図表4 掃除用ロボット購入時の情報源掃除用ロボット購入者(図表1・2いずれかで「その他」に該当した人を除く)(n=256)/単位:%

 たったこれだけでも、瞬時に全体構造を理解して特徴を言語化するのは、かなりの熟達が必要かもしれません。さらに、実際はもっと膨大・複雑なデータになることも多いでしょう。そこで、どのような点に着目しながらビジュアル化していくと良いのか? これらの結果を、インフォグラフィックスを用いて表現していきたいと思います。

※1 実際の28個の選択肢から15個に集約して提示

この記事の続きはMarkeZineプレミアム会員になるとお読みいただけます。
詳細はこちら
プレミアム記事を毎月1冊にまとめてお届けする定期誌『MarkeZine』年間購読サービスもございます。
詳細はこちら

次のページ
インフォグラフィックスで要点をコンパクトに伝える

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
定期誌『MarkeZine』データで読み解く連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

マクロミル(マクロミル)

高品質・スピーディな市場調査を提供する、マーケティングリサーチのリーディングカンパニー。生活者のインサイト把握やデジタルマーケティング施策の広告効果測定など、マーケティング課題解決に向け最適なソリューションを提供。世界21カ国、50の拠点を展開し、唯一無二のグローバル・デジタル・リサーチ・カンパニーを目指す...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング