SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

KDDI、SaaSソリューション「KDDI Business Outlook」を月額980円で4月から提供

 「KDDI Business Outlook」は、Microsoft Office Outlook 2007のメールやスケジュール機能などを統合し、PCと携帯電話の双方から使うことができる。SaaSソリューションとして提供するため、自社でサーバーを構築することなく、必要なサービスを購入して利用できるほか、繁忙期だけアカウントを追加するなどの活用もできる。

 「KDDI Business Outlook」では、auの携帯電話でMicrosoft Office Outlook 2007相当の機能としてスケジューラ閲覧、アドレス帳などの機能を利用することができる。データはすべてKDDIデータセンターで一元管理し、ウィルス除去、スパム対策機能を標準提供する。

「KDDI Business Outlook」のサービスイメージ
※画像はプレスリリースより転載。

 また、コラボレーション機能を担う「Microsoft Windows SharePoint Services」を標準提供することによって、メール機能、au携帯連携機能、セキュリティ機能、共有フォルダ機能など、すべて含んで月額980円/1ID税込で提供。基本ディスク容量は1ドメインあたり1.4GB(メールが1GB、共有フォルダが100MB、Windows SharePoint Servicesは300MB)。500円の追加料金で100MB追加することも可能となっている。

 「KDDI Business Outlook」は、ソフトウエアベンダーやソリューションパートナー各社が提供する様々なアプリケーションを連携していくための中心サービスとして、2008年秋以降、「Business Port Support Program」の協業パートナーが提供する業務アプリケーションと順次連携していく予定。

 

【関連リンク】
「ユーザーのライフスタイルに合わせたサービスを」 KDDIのこれから
アドビ、モバイル機器向けFlash LiteとAdobe Reader LEのライセンスをマイクロソフトに供与
【セキュリティ調査】クッキーの活用状況─「便利」と「安全」どちらが大事?
セキュリティ・ソフトウェア市場、2007 年出荷額見込み前年度比109.8%

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/09/12 18:58 https://markezine.jp/article/detail/3005

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング