SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、メディアやプラットフォーマーなどのスタートアップ向けに「360度事業支援サービス」を本格始動

 電通は、これまで個別案件ごとに対応してきたスタートアップ企業向け事業成長支援サービスを体系化し、「360度事業支援サービス」として、2019年1月から本格化させる。

 同サービスは、主にメディアやプラットフォーマーなどのスタートアップ企業が抱える企業課題に、360度で対応。スタートアップ企業向けのメンタリングサービスやアクセラレーションプログラム、グロースハックプロジェクトなどのソリューションを通じて同社が蓄積した知見やノウハウが体系化されている。

 具体的には、Strategy、Communication、Infrastructureという3つの観点でサービスラインを構築。課題やニーズに合わせてソリューションを組み合わせ、それらをつなぎ合わせながら事業成長の支援を行っていく。

  支援サービスのニーズは、各企業の成長フェーズごとに異なる。たとえば、Seed期(立ち上げ期)の企業では、一定のユーザー確保に向けた成長戦略の策定、Early期(軌道に乗るまでの期間)にある企業では、アカウンタビリティーの確保や独自価値のあるサービスの開発、そしてLater期(脱ベンチャー期)の企業では、成長に向けた多面的収益モデルの構築やアライアンスの拡大といったニーズが高い傾向がある。そのため同サービスでは、成長フェーズに応じたレベニューシェア型のソリューションが用意されている。

 同社は、メディアやプラットフォーマーなどのスタートアップ企業を成長パートナーとして捉えており、将来的には協働でイノベーションを起こし、社会に価値をもたらしたいとしている。

【関連記事】
電通、AI広告コピー生成システム「Direct AICO」を開発/バナー広告などデジタル領域に特化
電通、総合デジタルマーケティング会社のDEGを買収 米国における事業規模を拡大へ
電通、ドイツでテレビ/オンライン動画広告サービスを展開するビデオビートの株式を取得
電通、AIが流行キーワードを予測するシステム「TREND SENSOR(β版)」を開発
企業の6割以上がデジタル変革に着手/経営層と現場における認識のギャップも明らかに【電通デジタル調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/01/08 13:00 https://markezine.jp/article/detail/30071

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング