MarkeZine(マーケジン)

記事種別

中小店舗向けの「LINE@」、全アカウント数が300万件に 認証済みアカウントの約半分が関東での利用

2019/01/21 17:30

 LINEは、同社が提供する各種法人向けサービスにおいて、中小企業・店舗向けに提供している「LINE@」の全アカウント数が、合計で300万件に達したと発表した。

 「LINE@」は、ユーザーへの情報発信やビジネス活用を行う中小企業・店舗向けのLINEアカウント。2012年12月の提供開始以来、ユーザーと店舗・企業をつなぐ販売促進コミュニケーションサービスとして、飲食、アパレル、美容、宿泊施設といった店舗や企業に利用されている。サービス開始から6年となる2018年に、「認証済みアカウント」数が37万件を超え、個人、法人問わず取得できる「一般アカウント」を含めた全アカウント数の合計が300万件に達した。

 このうち、認証済みアカウント数の業種別および地域別の割合は、次の通り。

 同社の法人向けサービスにおいては、2018年12月より、これまでソリューションごとに分断されていたユーザーデータの連携を強化。企業とユーザーの長期的な関係構築を目指す「リデザイン」を本格始動している。「LINE@」においても、2019年春から、大手企業向けに展開してきた「LINE公式アカウント」とのサービス統合を行う。

 同社では今後も、法人向けアカウントサービスの統合や「LINE Pay」との連携強化を通じて、中小規模の企業・小規模店舗に向けたソリューション拡充を進めていく。

【関連記事】
LINE、「LINEリサーチ」内で新メニューの提供を開始 デプスインタビューなどの定性調査が可能に
LINE、「LINEウォレット」を利用した初の店頭販促キャンペーンの実証実験を福岡市内で開始
LINEとエムスリー、新会社LINEヘルスケアを設立 2019年中に遠隔健康医療相談サービスを開始へ
10代~20代女性の半数以上が毎日「LINE」を使っている【モバイル社会研究所調査】
ネットの利用環境、女性の約6割がスマホのみ タブレットも増加傾向【LINE調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5