SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Reproとヤプリが連携し、新サービスの提供を開始 アプリ開発~マーケティングを一気通貫で実現

 マーケティングプラットフォーム「Repro(リプロ)」を提供するReproは、ヤプリが提供するクラウド型アプリ運営プラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」と連携し、アプリマーケティング強化支援サービス「Yappli De Repro」の提供を開始した。

 Yappliは、プログラミング不要でモバイルアプリの開発ができるサービスを提供する企業。管理画面上の直観的な操作でアプリを開発できることから、専門的なノウハウを持たない非IT企業をはじめ、様々な企業への導入実績を持っている。

 一方、Reproが提供する「Repro」も、プログラミングを必要とする部分はSDK(ソフトウェア開発キット)の実装のみで、アプリ・Webユーザーの行動・属性データを使った細かなセグメンテーションプッシュ通知やポップアップメッセージの配信を可能としている。

 今回提供開始となった「Yappli De Repro」は、「Yappli」の管理画面上で思いのままにアプリを開発することができるという特徴を持つ。また、メンテナンスも簡単に行えるため、アプリストアへのリリース作業も不要となる。

 さらに、アプリだけでなくWebサービスにも「Repro」を連携させることで、Webとアプリのチャネルを横断したユーザー行動分析とマーケティングが可能になる。加えて、AIがアプリから離脱しそうなユーザー群を予測・抽出する機能「SmartAudience」における「チャーン予測」の活用によって、販促費を抑えた効率的なリテンション施策を実施するなど、企業のマーケティングの幅を広げることに貢献する。

 なお、同サービスは、2018年12月20日に「Yappli」でアプリをリニューアルしたオットージャパンのファッション通販アプリ「FABIA(ファビア)」が活用を開始している。

「FABIA」イメージ

【関連記事】
「Yappli」と「KARTE」が連携 Webとアプリを横断したユーザー行動データの解析が可能に!
ヤプリ、パーソナライズを強化するオートプッシュ機能を「Yappli」に搭載
希望条件に応じた有益な情報を発信!アットホーム、住まい探しアプリと新アプリに「Repro」を導入
RIZAP、ゴルフジム事業のアプリマーケティング戦略として「Repro」を採用
Repro、AI搭載のWebマーケティングツール「Repro Web」の提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/01/29 12:00 https://markezine.jp/article/detail/30254

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング