SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「LINEリサーチ」内に外食チェーン対象の新メニュー 二次元コードを活用したアンケートが可能に

 LINEは、リサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」の新メニューとして、外食チェーンを対象とした「来店客調査パッケージ」の提供を開始した。

「来店客調査パッケージ」イメージ

 「来店客調査パッケージ」では、店内に設置された二次元コードを活用し、「LINE」を通じたアンケート調査を行うことが可能になる。たとえば、店舗の各テーブル上に二次元コードを表示した卓上POPなどを設置することで、来店したLINEユーザーに、料理をオーダーした後の待ち時間などでアンケートに回答してもらうことができる。

 同メニューは、新たなアプリのダウンロードや個人情報などの登録を行う必要がなく、「LINE」アプリ上で回答ができるという特徴を持つ。そのため、一般的なアンケートでの回答に負担を感じるユーザーや10~20代の若年層からの回答も集めることができる。また、飲食デリバリーサービスを実施している場合も、アンケート用の二次元コードを記載したレシートやチラシなどを起点に、注文をしたユーザーからの回答を集めることが可能だ。

 さらに、同メニューでは、アンケートに回答したユーザーに対するインセンティブとして、LINEスタンプなどの「LINE」アプリ内コンテンツの購入や「LINE Pay」へのチャージ、各種ポイントサービスとの相互交換が可能なLINEポイントを付与。これによって、ユーザーの回答率の向上が見込める。

 その他にも同メニューでは、データで回答を収集できるため、店舗の従業員に負担をかけることなく集計が行える。回答データは、月次などの一定のサイクルで集計した上で納品され、各店舗の評価を把握するだけでなく、店舗で実施したキャンペーンなどの定期的な効果測定にも役立てることができる。

 ユーザーがアンケートに回答した後は、各企業が運営するLINE公式アカウントへの友だち登録も行えるため、LINE公式アカウントを通じたプロモーション・告知を実施することで企業は、来店客との長期的な関係構築が実現できるようになる。

【関連記事】
LINE、来店者に限定したキャンペーン訴求と情報発信が可能な「LINEチェックイン」提供
LINE Pay、Visaとの提携クレジットカードを導入へ 事前チャージなしでスマホ決済が可能に
中小店舗向けの「LINE@」、全アカウント数が300万件に 認証済みアカウントの約半分が関東での利用
LINE、「LINEリサーチ」内で新メニューの提供を開始 デプスインタビューなどの定性調査が可能に
LINE、「LINEウォレット」を利用した初の店頭販促キャンペーンの実証実験を福岡市内で開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/02/12 07:00 https://markezine.jp/article/detail/30350

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング