MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ヤフー、企業データと自社のビッグデータを掛け合わせたソリューションサービスを10月から開始

2019/02/14 15:00

 ヤフーは、企業や自治体の持つデータとヤフーのビッグデータを掛け合わせて分析し、そこから導き出されるインサイトを提供するデータソリューションサービスを10月から開始する。

 同社は検索やメディア、ECといった領域のビッグデータを保有しており、そのデータとAI技術を用いて、「Yahoo! JAPAN」のサービス改善を続けている。近年は、ECサービスの改善にメディアのデータも使うなど、異なるサービスのビッグデータを掛け合わせて分析することで、より大きなサービス改善を見込めることがわかってきた。

 同社は、このようなデータ活用を社外に対しても広げることで、新たな価値を創出できると考え、企業間ビッグデータ連携の事業構想「データフォレスト構想」を策定。企業や自治体と実証実験を進めてきた。こうした動きを踏まえ、同社は今回、同サービスの立ち上げに至った。

 具体的には、次の3つの機能を提供する。1つ目の「DATA FOREST INSIGHT People」では、同社のメディア事業のデータなどを基に、生活者の興味関心を可視化する。人気キーワードランキングといった俯瞰的な情報から、特定キーワードの「関連語」「時系列推移」「性年代などの属性分布」といった詳細情報まで分析可能。商品・サービス企画のための市場調査ツールとして活用できる。

 2つ目は、エリア特性や人流を可視化する「DATA FOREST INSIGHT Place」。同社の位置情報データなどを基に、特定エリアにおける生活者の実態や動きを、まとめて可視化する。指定したエリアにいる人々の属性・特徴や流出入人口の推移、地域・スポット間の人流規模などを把握できるほか、性年代などの属性分布に加え、興味関心も紐づけて可視化できる。街づくりやイベント運営、出店計画などに利用可能だ。

 3つ目は、同社が保有するビッグデータを活用したレコメンドエンジン「DATA FOREST ENGINE Recommend」である。顧客が提供する行動履歴データを用いることで、大量の情報の中からユーザーに適した商品や記事などを提示。メディアからECまで、幅広いサービスでの活用が想定されている。

 これらの機能においては、顧客のユーザーIDとYahoo! JAPAN IDを連携することにより、高精度な分析が可能に。なお、IDの連携にあたっては、顧客のユーザーの同意が必要とされている。

【関連記事】
福岡ソフトバンクホークスとヤフー、オープン戦チケットをAI活用のダイナミックプライシングで販売
キットカットの受験生応援キャンペーン、今年は「移動」をサポート!ヤフー&東京メトロが協力
ヤフーの広告取引プラットフォーム、Amazon Publisher Servicesとの接続を開始
サイバー・バズ、ヤフーの新プラットフォームのパートナー企業に/インフルエンサーの活動を支援
ヤフーが新プラットフォームを開設/インフルエンサーの動画コンテンツをYahoo! JAPAN上に掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5