MarkeZine(マーケジン)

記事種別

サブスクリプション・ビジネスの新形態

2019/02/25 15:15

 米国やグローバルにおける広告・マーケティング業界の最新情報をまとめたデジタルインテリジェンス発行の『DI. MAD MAN Report』。そのカットアップ版をお届けする本連載。今回は「定額課金型」の印象が強いサブスクリプション・ビジネスだが、米国の事例をもとにその新形態を紹介したい。顧客への課金よりも、維持に力点を置いたそのアイデアとは?

※本記事は、2019年2月25日刊行の定期誌『MarkeZine』38号に掲載したものです。

サブスクは定額課金型から新しい派生型が登場

 日本では、D2Cサブスクリプション・ビジネス(以下、サブスク)が「〇〇放題」といったような消費者側にとってお得な文脈で語られがちだが、ビジネス側(店舗側)の狙いは「優良顧客の長期関係作りとLTV(生涯価値)の引き上げ」である。サブスクはデジタル上でのつながりを起点に、ビジネス側が顧客とのエンゲージメントを「深く&長く」保とうとする意図の表れだ。米国では既にこのビジネス側の意図から、「月額定額」課金から派生した新しい手法が登場している。

 たとえば会員には「最低利用額」だけを設定する例が登場している。好例が搾りたて野菜ジュース屋の「pressed juicery」だ。2010年創業で40店舗まで事業を拡張しており、ジュース1本(470ml)で6.5ドル〜7ドル(約710円)という「CPG商品」を持ち、店頭販売とオンライン宅配で商品を提供している。「搾りたてジュース」のカテゴリーでは後発だが、既に参入していた企業が「搾りたてジュースは1本7ドル」という相場を作り上げたところへ、「会員には5ドルで提供」と打ち出した。店頭とWebでは「サブスク会員を募ること」を、オペレーション上に優先事項(KPI)として押し出している。

サブスクリプション・ビジネスの新形態で急成長する「pressed juicery」https://www.pressedjuicery.com/
サブスクリプション・ビジネスの新形態で急成長する「pressed juicery


この続きは定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後すぐにこの続きを閲覧いただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスの最新情報を、毎月1冊にまとめてお届けします。キーパーソンの生の声や、注目領域の最新動向に関する厳選された情報を、手軽に把握することができます。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。
●Webでも限定記事が読める
●プレミアムイベントにご招待
●データダウンロードサービス『MarkeZine Stock』が使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5