MarkeZine(マーケジン)

記事種別

調査データからターゲットの特徴を自動で抽出・可視化!日経リサーチ、新たな分析手法の提供を開始

2019/02/21 07:30

 日経リサーチは、調査データの中から顧客層(ターゲット)の特徴を自動で抽出し、顧客理解のために有効な分析軸を可視化する新たな分析手法「CrossMapping(クロスマッピング)」の提供を開始した。

「CrossMapping」によるYouTubeの分析イメージ

 「CrossMapping」では、調査で集計した数値データや自由回答などのテキストデータ、行動・購買履歴といったCRMデータなどを総合的に分析することができる。また、分析結果からターゲットの特徴を自動で抽出し、それらをマップ上で可視化する。

 これによって企業は、顧客理解につながる切り口・分析軸を探ることができ、既存の顧客だけでなく、潜在・離反顧客などの理解を深めることが可能となる。

【関連記事】
日経リサーチ、ジョブ理論に適した分析手法「SegmentDiscovery」を開発
日経リサーチとABEJAが業務提携 AIを活用したソリューションサービスの創出・提供へ
マクロミルと日経リサーチが業務提携、ネットリサーチのパネル利用などで連携
日経リサーチ、顧客情報戦略の新サービス「ミルフィーユ」リリース
10年間の企業ブランド評価、グーグルがアマゾンを抑え総合トップに【日経リサーチ調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5