SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

米DataRobot、英Armとの協業を開始 両社のデータ連携で企業のAI活用を推進

 機械学習自動化プラットフォーム「DataRobot」を提供する米DataRobotは、英Armのカスタマーデータプラットフォーム「Arm Treasure Data eCDP」との連携を開始した。

 「Arm Treasure Data eCDP」は、マーケティングからIoT領域まで多様なデータを集積するプラットフォーム。多くの企業は、こうしたデータの利用に課題を抱えており、特に機械学習・AIへのデータ活用においては幅広い技術を組み合わせたワークフローの構築が必要となることが懸念されていた。

 今回の連携によって「DataRobot」では、直接「Arm Treasure Data eCDP」上のデータを利用できるようになり、高度な予測・検知を行うAIの構築を自動化し、ワークフローの整備を行うことが可能になった。その他にも、様々な顧客接点から収集された顧客活動データにもとづく最適な顧客体験の提供や、店舗・商品・CRMデータを結合した商品配置と在庫管理の最適化などが実現できる。

 両社は今後、テクノロジーパートナーとして、継続的な技術・販売活動における連携を行っていく。

【関連記事】
「Ponta AI」に「DataRobot」が搭載!Pontaの実利用データ分析を強化
「DataRobot」と「Marketo」が連携を開始 過去データを元にしたリアルタイム予測が可能に
オンラインと実店舗の顧客データを統合!英Arm、小売業向けの新ソリューションを発表
最適なユーザーセグメントを実現!「Ameba」が英Armのカスタマーデータプラットフォームと連携
アトリビューション解析ツールのTRENDEMON、英Armのカスタマーデータプラットフォームと連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/03/08 07:30 https://markezine.jp/article/detail/30578

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング