MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「5G」のデータ戦略 米VerizonとAT&Tが示すヒント

2019/03/25 15:15

 米国やグローバルにおける広告・マーケティング業界の最新情報をまとめたデジタルインテリジェンス発行の『DI. MAD MAN Report』。そのカットアップ版をお届けする本連載。今回は米VerizonとAT&Tのビジネスモデルの違いを紹介し、それぞれの戦略を紐解く。

※本記事は、2019年3月25日刊行の定期誌『MarkeZine』39号に掲載したものです。

CESで見せたVerizonの「回帰宣言」

 毎年1月に米ラスベガスで開催されているCES(Consumer Electronics Show)での注目キーワードは、予想どおり移動通信規格の「5G」が主流だった。本稿ではCESで話題だったキーワードよりも「語られなかったこと」に着目し、マーケティング業界における重要なシフトを紹介したい。

 その顕著なシフトが現れたのが、米国携帯キャリア企業で最大手「Verizon」のハンス・ベストバーグ(Hans Vestberg)CEOの基調講演だ。一見、昨年の発表内容と大した変化がないように報道されているが、昨年と比較して「語られなかったこと」に着目すると、Verizonが「重みのある(価値の高い)データ」へ回帰宣言したことが見えてくる。

 これまでVerizonは、「Yahoo!」と「AOL」という巨大マーケティング・プラットフォームを矢継ぎ早に買収し、累計約1兆円もの投下を行ってきた。しかし今回のCESでは、それらのビジネスを始め、それらに連動する「ユーザー・データ」ビジネスについては一切触れられていない。このVerizonの変化は、携帯キャリア会社として持ち得る「視聴行動」や「位置情報」を含めたユーザー・データを使ったビジネスの優先順位を、圧倒的に下げた(事業の柱からはずした)ということだ。


この続きは定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後すぐにこの続きを閲覧いただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスの最新情報を、毎月1冊にまとめてお届けします。キーパーソンの生の声や、注目領域の最新動向に関する厳選された情報を、手軽に把握することができます。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。
●Webでも限定記事が読める
●プレミアムイベントにご招待
●データダウンロードサービス『MarkeZine Stock』が使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5