SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソフトバンク、ヤフオクドームで5Gを用いたVR観戦実験に成功 今後は購買体験の創出なども視野に

 ソフトバンクと福岡ソフトバンクホークスは、「福岡 ヤフオク!ドーム(以下、ヤフオクドーム)」で5Gを活用し、多視点切り替えが可能な3Dパノラマ映像を用いた、VR空間における試合観戦についての実証実験を行った。

VR空間イメージ(1)

 同実証実験で両社は、ヤフオクドームのホームベース後方フェンス内などに高画質VRカメラを設置。これらを通じて撮影した試合の模様を、5G経由でVRヘッドセットに伝送した。その結果、高画質な3Dパノラマ映像としてVRヘッドセットでの試合観戦が可能になっただけでなく、複数設置されたVRカメラの視点を自由に切り替えながら観戦することにも成功した。

VR空間イメージ(2)

 ソフトバンクはまた、ヤフオクドームにおけるプライベートルーム「スーパーボックス」の内装や備品などのリアルな質感をVR空間に再現し、VRヘッドセットを装着した観戦者がアバターとしてVR空間に出現するアプリも開発。

 同アプリでは、観戦者同士がリアルタイムに会話でき、顔の向きや口の動きも再現される。そのため、シーンごとに好きな視点へと切り替えたり、アバターを通してVR空間で観戦者同士が会話をしながら野球観戦を楽しんだりすることができる。

 ソフトバンクとソフトバンクホークスの両社は今後、映像の高画質化やVR空間でのショッピング・広告表示といったコンテンツの拡充に向けて取り組みを進めていく考えだ。

【関連記事】
バーチャルキャラクターを店舗内接客に活用!DNP、VR技術による新サービスのプロトタイプを開発
VR/ARゲーム内などへの広告出稿が可能に!ゲシェル、SSPを提供するイスラエルのAnzuと業務提携
VRコンテンツ内に動画広告を配信!CCIとナーブ、広告プラットフォーム「VRトラベルAd」を販売開始
42%が「VR体験」で商品やサービスの“購入意欲が高まると思う”と回答【マクロミル調べ】
ヒトクセ、リコーと協業し、VR・AI技術を活用した「360°バナー広告」事業を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング