MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ゴールデンウィーク、10連休は4割 平均予算1.4万円アップも旅行予定は増えず【マクロミル調査】

2019/04/02 13:00

 マクロミルは、今年のゴールデンウィークをどのように過ごすかについて働く男女1,000名を対象に調査を行った。

2019年のゴールデンウィーク「10連休」取得予定者が最多の4割

 今年のゴールデンウィークは最大で何連休取得できそうか尋ねると、「10連休」が43%で突出した。今年の連休日数について平均を算出すると「7.1連休」で、昨年の平均日数「4.3連休」から2.8日増加した。

連休日数
連休日数

平均予算は47,539円、昨年から14,000円以上大幅アップ

 今年のゴールデンウィークの予算は、平均47,539円になった。昨年の平均32,972円と比較すると、14,000円以上の増加。

ゴールデンウィークの予算
ゴールデンウィークの予算

 また、今年のゴールデンウィークに使うお金について、昨年と比べて変化がありそうかを聞くと、「増える予定」16%、「少し増える予定」24%で、金額の大小にかかわらず「増える予定」と回答した人は合計で40%に上った。昨年の調査では「増える予定」と回答した人は16%だったが、それに比べ24ポイント上昇したことになる。

”過ごし方”は例年並み、「旅行」の予定も増えず

 今年のゴールデンウィーク中の予定については、1位「買い物に行く」47%、2位「睡眠をたっぷりとる」46%、3位「テレビやDVDを観る」29%という回答が集まった。

ゴールデンウィークの過ごし方
ゴールデンウィークの過ごし方

 長期の休みになると増加が予想される旅行についても、「国内旅行(泊まり)」は昨年19%に対して今年は20%、「海外旅行」は昨年2%に対して今年は3%と大きな変化はなかった。

【調査概要】
調査主体:マクロミル
調査期間:2019年3月8日(金)~2019年3月11日(月)
調査対象:全国20~59歳の公務員、 経営者・役員、 会社員(マクロミルモニタ会員)
割付方法:総務省統計局『労働力調査』による年齢5歳階級別就業者数および就業率を元に、性別×年代で割付
サンプル数:1,000

【関連記事】
広告効果分析ツール「マゼラン」、ディーアンドエムが提供する消費者意識調査データとの連携を開始
インフルエンサーが紹介する商品、買う?買わない? サムライトが20~30代の男女500名に調査
若年層の約9割がスマホだけでYouTubeを利用/有料動画アプリの利用率は25%増【ニールセン調査】
スマホ利用は約8割が「アプリ」から/「ほぼ毎日利用するアプリ」は8個【ニールセン デジタル調査】
「TVer」「TikTok」などが急成長/動画メディア・サービスの利用実態【フィールドワークス調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5