SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

イベントレポート

「Twitterは消費の実録である」ツイート分析でわかった、消費行動パターンとは

 Twitter Japanは2019年3月14日、Twitterにおける消費行動パターンをテーマにしたラウンドテーブルを開催。その中では、Twitter利用者がどのような消費を行っているのかという調査結果を明らかにした。

購買にまつわるツイートが年間2.3億発生

 岡野氏は最初、Twitterは生活者の消費に関するリアルな行動や声がわかる場所とした。というのも、Twitter上では購買にまつわる投稿が日々行われており、その数は年間で2.3億を超えているからだ(2018年の日本国内における「発売」「欲しい」「買った」のツイート数、Crimson Hexagon調べ)。

Twitter Japan株式会社 マーケット・リサーチ ディレクター 岡野 雅一氏
Twitter Japan株式会社 マーケット・リサーチ ディレクター 岡野 雅一氏

 また、Twitter上の情報は商品の購入を検討する際にも役立てられている。マクロミルと2018年5月に行った調査では、「商品やお店に関する口コミ情報が得られる」に27%、「企業や商品に関する情報が得られる」に26%の回答が集まり、どちらの要素も他プラットフォームと比較して高い結果となった。

 さらに、製品カテゴリ別の調査(ジャストシステム調べ)では、「Twitterで見かけた飲み物を買ってみようと思うことがある」と答えたTwitter利用者は55%と半数を超えた。その他にも、家電やラグジュアリーブランドなどのカテゴリでも、Twitterを活用した情報収集が盛んに行われていることがわかった。

 この現状に対し岡野氏は「Twitterには消費行動の実録がアーカイブされていて、リアルタイムに増殖している」とし、Twitterのデータを活用したマーケティングの可能性を示唆した。

 「消費行動を知る上で調査をするといった方法がありますが、Twitterの情報をうまく活用することで、マーケティングというものがかなり進化するんじゃないか、あるいはスピードアップするんじゃないかと考えています」

購買ツイート数の多いカテゴリは?

 次に岡野氏は、ツイートの内容をNTTデータのテキスト解析技術を活用して分析した結果を明らかにした。まず、商材カテゴリ別の購買ツイート数を調べたところ、実際の消費機会の頻度に応じた形でツイート数が変化した。

Source: NTT Data 2017/3/1~2018/3/31 Tweet Data
Source: NTT Data 2017/3/1~2018/3/31 Tweet Data

 たとえば、食品や衣類・服飾、CD・DVDなどのコンテンツといった比較的消費機会が多いものに関するツイート数は非常に多い。その一方で、買い替えのタームが長い車や家電、家具・インテリアなどは他のカテゴリに比べて少なくなった。

 また、各商材に関するツイートを分類していくと、どのカテゴリでも以下4つに関するものが多いことがわかった。

・金額

・必需性

・置き場所

・流行

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Twitterのデータが持つ価値とは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
イベントレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

道上 飛翔(編集部)(ミチカミ ツバサ)

1991年生まれ。法政大学社会学部を2014年に卒業後、インターネット専業広告代理店へ入社し営業業務を行う。アドテクノロジーへの知的好奇心から読んでいたMarkeZineをきっかけに、2015年4月に翔泳社へ入社。7月よりMarkeZine編集部にジョインし、下っ端編集者として日々修業中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング