SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

KDDI、au損保を連結子会社化へ 決済・金融サービスを身近にする「スマートマネー構想」の一環

 KDDI、あいおいニッセイ同和損害保険 (以下、あいおいニッセイ同和損保) は、au損害保険 (以下、au損保) の資本異動について合意した。KDDIは2019年7月2日に、あいおいニッセイ同和損保が現在保有している株式の一部を取得し、au損保を連結子会社とする予定で、株式保有割合はKDDIの33.4%、あいおいニッセイ同和損害保険の66.6%から、KDDIが51.0%、あいおいニッセイ同和損害保険は49.0%へと異動する。

 au損保は2010年2月にあいおい損害保険 (現・あいおいニッセイ同和損害保険) とKDDIの合弁会社として設立した。近年、各自治体による自転車保険の加入義務化にともない自転車安全利用等に関する協定の締結など、自転車保険の普及に取り組んでいる。

 また、2016年4月よりKDDIと連携しauブランドの保険として「auの損害ほけん」を、2019年4月より「au自動車ほけん」の提供を開始している。

 KDDIおよびauフィナンシャルグループは、生活の中心となったスマートフォンを通じて顧客の日常生活における決済・金融サービスをより身近にする「スマートマネー構想」を推進している。今回の資本異動により、KDDIの通信事業を基盤としたau経済圏や5G、IoTなど、KDDIグループの経営資源を最大限に活用し、KDDIグループ各社との連携を強化していくとしている。

【関連記事】
東京海上日動火災保険がSalesforce Financial Services Cloudを導入
保険業界の顧客対応を個別最適化 三井情報、英Armを活用したソリューションを開発へ
加入まで最短60秒 LINE Financialと損害保険ジャパン日本興亜「LINEほけん」を提供
目指すは保険業界のゲームチェンジ LINE Financialと損害保険ジャパン日本興亜が協業
ライフネット生命保険、LINEのグループトーク機能を活用した保険相談サービスをリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/05/27 15:40 https://markezine.jp/article/detail/31159

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング