SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LIDDELL、インフルエンサーの購入商品のみを扱うECプラットフォーム「FOR SURE」を提供

 LIDDELLは、インフルエンサーECプラットフォーム「FOR SURE」β版の提供を開始した。

「FOR SURE」のサイトイメージ
「FOR SURE」のサイトイメージ

 同プラットフォームはCtoCのショッピングサイトで、「SURERIST(シュアリスト)」と呼ばれるインフルエンサーが私服として実際に購入した商品のみを販売する。インフルエンサーは、販売総額の一部を報酬として得ることが可能だ。

「FOR SURE」のフロー
「FOR SURE」のフロー

 同プラットフォームは様々な機能を通じて出店ブランドのファン育成を支援する。出店ブランドは「SURERIST」を通じてニーズを把握するとともに、商品を直接「SURERIST」へ提案するツールも活用できる。また、新規顧客へのアプローチによってブランド認知と共感を獲得し、エンゲージメント強化につなげることができる。さらに、店頭や自社ECへの来店促進や「SURERIST」との商品開発も可能だ。

 なお、同プラットフォームはウィメンズファッションから取り扱いを開始し、今後はメンズファッションやコスメ、雑貨などへ対象商品を拡大していく予定だ。

【関連記事】
「OZmall」を運営するスターツ出版、スマートシェアと共同でインフルエンサーマーケ事業を開始
インフルエンサープロダクション「RERAISE」がTXCOM、DACと資本業務提携
ミソシル、ディープラーニングでフォロワー数水増しのインフルエンサーを検知するサービスを提供
東京カレンダーが“アッパー層特化型”のインフルエンサーマーケティング支援サービスを開始
Instagramのショッピング機能、インフルエンサーの投稿内でも利用可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/06/03 12:14 https://markezine.jp/article/detail/31195

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング