SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

NTTドコモ・ベンチャーズ、動画視聴者の表情から感情を定量化するRealeyesへ出資

 NTTドコモ・ベンチャーズは、運用するファンドを通じて、英国のRealeyesに出資した。

 Realeyesはコンピュータビジョンと機械学習により、動画視聴者の表情から感情を測定するソリューションを提供。同ソリューションは、顔の動作を基に、感情指標である「喜び」「驚き」「混乱」「悲しみ」「嫌悪」「恐れ」をリアルタイムに定量化するもので、主に動画広告の分析に活用されている。

 同ソリューションを活用することで、従来はアンケートなどでしか確認できなかった「動画の各シーンで消費者がどのような感情を抱いたか」を、スマートフォンやPCのカメラで撮影した消費者の表情を基に、定量的に把握することが可能だ。

 NTTドコモ・ベンチャーズは、同ソリューションとNTTグループが展開する広告・マーケティング事業との親和性が高く、これらの分野における新たな価値創造が期待できるとして、今回の出資に至った。

【関連記事】
脳波測定で感情の変化を可視化 電通サイエンスジャム、感性把握システム「VA Analyzer」を開発
感情認識AIで「ユーザビリティ調査」の精度を向上!ネオマーケティング、エモスタと協業を開始
顧客の感情を解析し成約率を向上!EmpathとTMJがコールセンターAIの共同開発へ
文章からユーザー感情を自動判定!ユーザーローカルが「感情認識AI」を提供開始
感情×行動データで最適なCRM施策を!電通・電通デジタルがEmotion Techと新サービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/06/07 13:30 https://markezine.jp/article/detail/31247

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング