SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYホールディングス、CVCを設立 5年間で100億円規模を投資しベンチャー企業との連携深化へ

 博報堂DYホールディングスは、コーポレートベンチャーキャピタル「博報堂DYベンチャーズ」を設立するとともに、「HAKUHODO DY FUTURE DESIGN FUND(以下、同ファンド)」を組成した。

 同ファンドは、主に国内の革新的テクノロジーを有する企業や新たなビジネスモデルの創出に取り組む企業を投資対象とする。

 また同ファンドでは、クリエイティブ、マーケティング/データ、メディア/コンテンツ、ビジネスデベロップメントといった領域における博報堂DYグループの専門人材を触媒とし、ベンチャー企業と博報堂DYグループの共創を推進していく。

 なお同ファンドは、博報堂DYホールディングスが5月に発表した新中期経営計画に基づき、2019年度から2023年度までの5年間に100億円規模の投資活動を行う予定だ。

【関連記事】
博報堂、ビジュアルアイデンティティを刷新 新VIのシンボルは「センタードット」
男女1万人に聞く、平成の消費観を変えたもの 「携帯・スマホ」「EC」が最多回答【博報堂生活総研調査】
博報堂DYグループ、LINEを活用したキャンペーンソリューションを提供 応募者の獲得シール数を順位化
増税前後で消費者の意識・行動はどう変わる?博報堂消費税対策研究プロジェクトが調査結果を発表
博報堂DYMP等、デジタル広告とデジタルアウトドア広告のクロススクリーン配信ソリューションを提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/07/02 15:30 https://markezine.jp/article/detail/31459

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング