SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

仙台銀行がWeb接客プラットフォーム「Sprocket」を採用

 仙台銀行は個人向けWebサイトに統合Web接客プラットフォーム「Sprocket」を採用した。個人向けサービスの利便性を向上させ、LPで紹介している注力商品のCVRを高める狙い。

 第一弾の施策として、ローンに関する定番シナリオや、ユーザーの疑問・不安を払拭するためのシナリオを実装。Web上での接客を通じて、サイト内の最適なコンテンツに誘導しユーザーが抱える課題の解決を図る。

 統合Web接客プラットフォーム「Sprocket」はユーザーのサイト上での行動(ページ閲覧、スクロール、クリック等)を活用して、カスタマージャーニーに合わせて最適なタイミングで「ポップアップ」を表示するツール。ヒートマップなどの分析機能のほか、一定期間の行動データを学習データとするAI「AutoScoring」、自動セグメンテーション最適化機能「AutoSegment」、カートAIなどの機能を備えている。

【関連記事】
Sprocket、XTech Venturesやセールスフォース投資部門から約2.8億円を資金調達
・「Sprocket」にヒートマップ分析機能が追加
ナビプラスのリタゲツールと「Sprocket」が連携 ニッセンの通販サイトでは109%の購入率増加も
「どこどこJP」とWeb接客プラットフォーム「Sprocket」が連携 位置情報に応じた施策が可能に
富士通グループ会社がWeb接客ツール「Sprocket」を導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/07/08 13:25 https://markezine.jp/article/detail/31504

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング