MarkeZine(マーケジン)

記事種別

68%が「事業会社」を転職先として希望/東京一極集中による課題も【マーケターの転職に関する実態調査】

2019/08/26 08:00

 MarkeZineでは、マーケターの「転職」に関する実態を浮き彫りにすべく『マーケターの転職に関する実態調査』を実施。254名から回答を得られた。その結果を公表する。調査概要は記事末尾に記載。

目次

転職回数は1~2回が約4割

 「これまでの転職回数」を尋ねたところ、2回と1回がそれぞれ22%。続く0回(転職経験なし)が19%だった。一方、6回以上も8%いた。

これまでの転職回数|ベース:全員(n=254)/単一回答
これまでの転職回数
ベース:全員(n=254)/単一回答

転職理由は「仕事の領域を広げたかった」が最多

 「直近の転職理由」については、全年代で「仕事の領域を広げたかった」が最も多かった。次に多かったのが「報酬を上げたかった」で、「会社の将来に対する不安があった」と続く。

直近の転職理由|ベース:転職経験者(n=207)/複数回答
直近の転職理由
ベース:転職経験者(n=207)/複数回答

転職先と接点を持った方法で最多は「転職エージェント」

 「転職先と接点を持った方法」としては「転職エージェント」が最も多く41%を占めた。「知人の紹介」22%、「転職サイト」13%と続く。

直近の転職で企業と接点を持った方法|ベース:転職経験者(n=207)/単一回答
直近の転職で企業と接点を持った方法
ベース:転職経験者(n=207)/単一回答

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5