SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2019年度マーテック市場規模は約3160億円 内訳はアフィリエイトが最大【ミック経済研究所調査】

 ミック経済研究所は、マーテック(Martech)におけるAdvertising&Promotionの市場実態を調査分析した資料「マーテック市場の現状と展望2019年度版<Advertising&Promotion編>」を2019年7月31日に発刊した。

 ミック経済研究所によるとマーテックは、Advertising&Promotion、Social&Relationships、Content&Experience、Commerce&Sales、DataManagement&DataAnalyticsの5分野に大きく分けることができるが、今回の調査対象はAdvertising&Promotion分野の市場となっている。

 なお、Advertising&Promotion分野の対象となるドメインは、「アドネットワーク・プラットフォーム」「ネイティブアド/インフィード」「DSP」「SSP」「Public DMP」「アフィリエイト(ASP)」「3PAS(第三者配信)」「広告最適化」「アドベリフィケーション」としている。

 Advertising&Promotionの市場規模は上記9ドメインの合計で2973億5000万円(2018年度)であり、2019年度は前年比106.2%の3158億円になる見込みだという。

 2018年頃から顕在化し始めたアドフラウドやITP(Intelligent Tracking Prevention)問題、さらにはEUにおける「GDPR(General Data Protection Regulation)」の施行により、今までの勢いはややトーンダウンしたものの、2019年度以降は、年平均9.3%で成長し、2023年度には4649億円の市場規模にまで拡大するとミック経済研究所は予測している。

Advertising&Promotion総市場推移(グラフ)
Advertising&Promotion総市場推移(グラフ)
Advertising&Promotion総市場推移(単位:百万円)
Advertising&Promotion総市場推移(単位:百万円)

 2018年度の時点で最も市場規模が大きいのはアフィリエイト(ASP)市場の39.2%であり、2023年度までシェアは微減で推移するものの、シェアトップは維持するという。また、成長率が最も高いと予想されるのはPublic DMP市場、次いでアドベリフィケーション市場と予測されている。

【関連記事】
電通グループ3社が物販系ECプラットフォーム広告費を発表 成長率はネット広告媒体費全体を上回る
電通の「世界の広告費成長率予測」、テレビが下方修正でマイナス成長に デジタルは二桁成長を保つ
モバイル広告費が初の1兆円超え/2019年の動画広告は2,651億円まで拡大見込み【電通他調査】
世界市場のアプリインストール広告費、2020年には約641億ドルまでに成長【AppsFlyer調査】
電通ダイレクトマーケティングとCandee、アフィリエイト型ライブコマースで協業

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/08/19 13:35 https://markezine.jp/article/detail/31790

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング