MarkeZine(マーケジン)

記事種別

凸版印刷、店頭在庫をリアルタイムで確認できる「スマートシェルフ」開発 吊り下げフック式で設置も容易に

2019/09/09 12:00

 凸版印刷とタカヤは共同で、流通・小売店舗向けに吊り下げ型の商品陳列什器に対応した「スマートシェルフ」を開発し、2020年度以降の販売を目指す。店頭在庫をリアルタイムで把握できるため、店頭での棚卸業務や接客業務の省人化・効率化に貢献するという。

 本サービスは、外装パッケージにICタグが貼付・内蔵された商品を「スマートシェルフ」から取り出すと自動で検知し、陳列された在庫が減少したことをリアルタイムで認識することが可能な陳列棚。従来の「スマートシェルフ」では、 シート型のアンテナの上に商品を置くことで、商品の有無の検知を行っていたが、今回開発した吊り下げ型の商品陳列什器に対応した「スマートシェルフ」では、吊り下げフックの部分にアンテナを装着しているため、任意の箇所で陳列が可能になり、設置・移動も容易になるという。

 また、「スマートシェルフ」とデジタルサイネージを組み合わせることで、 商品を手に取った瞬間にデジタルサイネージ上でその商品の説明や関連広告の表示が可能。従来は店員が行っていた、商品の詳細説明や、関連商品の提案業務の省人化を実現する。

【関連記事】
エレベーター向けスマートディスプレイ事業「東京エレビ」提供の東京社が1.2億円調達
KDDI、スマートフォン位置情報による人口動態データを提供へ 新規出店やタクシー配車に活用
ヤフー、FASTGYM24とOMO検証 Yahoo! JAPAN ID用いたスマートなジム体験を提供
インテック、凸版印刷と共同で流通小売業向けのデジタルマーケティング支援サービスを開始
エンターモーションと電通が業務提携/小売流通・外食産業のニューリテール戦略を支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5