SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通と電通デジタル、自動車販売店での試乗を自動化する「AI試乗ソリューション」を提供

 電通と電通デジタルは、AIの活用を社内外で推進する統括プロジェクト「AI MIRAI」の一環として、自動車販売店での試乗をより楽しく、自動化・効率化する「AI試乗ソリューション」の提供を開始した。

 同ソリューションは、日本語AIの自然対話サービス「Kiku-Hana(キクハナ)」とカーナビアプリを組み合わせて開発。これまで営業スタッフが顧客と同乗して行っていた試乗ルート案内や車のセールスポイント紹介といった試乗中の会話を、車載スマートフォンに入ったAIが代わりに行う。

 営業スタッフが同乗する代わりにキャラクターが案内するため、顧客の試乗に対する心理的ハードルの軽減につながる。また試乗車の走行ルートや事前アンケートの内容に基づき、顧客の趣味嗜好に合わせて、AIが試乗中のコミュニケーションを最適化する。

 さらに試乗に関するAIからの質問に対する顧客の回答および顧客からの質問のみをデータ化し、営業スタッフがその後の商談などに活用できるようにする。

「AI試乗ソリューション」の顧客体験イメージ
「AI試乗ソリューション」の顧客体験イメージ

 同ソリューションはネッツトヨタ北九州、トヨタカローラ熊本、トヨタカローラ鹿児島において、9月21日以降、順次活用される。

 なお両社は将来的には、試乗中の会話だけでなく、試乗予約を含めたプロセスの自動化を目指しており、会話データの自動分析に基づいて、顧客ごとに最適化されたセールスシナリオを営業スタッフに提供していく。

【関連記事】
電通、米国のMuteSixを買収 D2Cマーケティング&ソーシャルコンテンツサービスを強化へ
電通、日用消費財向けマーケメソッド「モーメントアーキテクチャ」開発 デジタル施策と実購買の関係を測定
電通と電通デジタル、テレビCMのクリエーティブプランニングを高度化するサービスを提供開始
マイナビ、電通リテールマーケティング、ZOOOGの3社、オンオフ両方のデータに基づく記事制作等を提供
電通グループ3社、物販系ECプラットフォームの広告費を発表 成長率はネット広告媒体費全体を上回る

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング