SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

偽インフルエンサー詐欺の被害総額、全世界で13億ドルか フォロワーの15%は偽物【CHEQ調査】

 CHEQ AI Technologies(以下、CHEQ)は、ボルチモア大学ビジネススクールに依頼し、最新の経済分析、独自のCHEQデータ、およびインタビューを基に、新興インフルエンサー市場での不正の規模に関するレポートをまとめた。

 この調査により、インフルエンサー・マーケティングにおける偽フォロワーが、直接的に世界経済に与える被害額は、控えめに見積もっても13億ドルに達することが判明した。同時に、ブランドへの信頼度低下や反感による間接的な諸経費が、長期的な経済損失をもたらす可能性も示唆している。

 なお、インフルエンサーのフォロワーの少なくとも15%が偽物であるという調査結果も出た。広告キャンペーンへの詐欺被害額は2020年までに15億ドルに達すると予想されている。

 これらの詐欺には、利用が広がっている自動化ソフトウェアを使用して、ユーザーを自動的にフォローおよびフォロー解除し、フォロワーを増加させる行為や、インフルエンサー同士でシェアやエンゲージメント向上のために協力し合ういわゆる「ポッド」、または、ブランドに他の企業から支持を得ていると信じ込ませ、自身の価値を高めようとするインフルエンサーの行為も含まれる。

【関連記事】
fluctのSSP、Phybbitのアドフラウド対策ツール「SpiderAF」を導入
アドフラウドは2025年までに約5兆4,188億円に増加/Phybbitが最新調査レポートを公開 
ヤフー、広告品質におけるスタンダードを策定 アドフラウドやブランドセーフティに対する指針示す
Glossom、グリー複数メディアを活用したマーケティング施策を提供 インフルエンサーのアサインも
BitStar、インフルエンサープラットフォームを活用し投稿数を保証した新プラン「POSTY」を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング