MarkeZine(マーケジン)

記事種別

西友が日立とAIで需要予測し自動発注するシステムを導入開始 人手不足への対応と食品廃棄ロス削減を狙う

2019/10/09 13:10

 西友は日立製作所(以下、日立)との協創を通じ、AIによる需要予測に基づき自動発注を行うシステムとして日立の「Hitachi Digital Solution for Retail/AI需要予測型自動発注サービス」を2019年10月から全国の店舗へ導入開始する。

西友の店舗に導入する AIによる需要予測に基づく自動発注システムのイメージ

AIによる需要予測に基づく自動発注システムのイメージ

 対象は、西友が販売する弁当・惣菜売場の商品のうち、西友の自社工場で製造した商品をはじめとする約250アイテム。従来は経験を有する担当者が過去の販売実績などを基に商品ごとに発注を行っていたが、本システムではAIにより店舗・商品ごとに高度な需要予測を行い、それらを基に発注量を決定するとともに、発注作業の自動化を可能にする。

 西友では、本システムを導入することで、担当者が従来行っていた発注業務を AIに任せることにより、店内厨房での加工業務や接客などの店舗オペレーションに一層注力することができるようになるとともに、欠品や食品廃棄ロスの削減を目指すという。

 運用の流れとしては、西友が店舗の弁当・惣菜売場における過去および発注日の各種データ(商品ごとの在庫・発注・販売・廃棄量、気象、曜日・季節変動、販促イベントなど)を日立に提供し、日立が「Hitachi Digital Solution for Retail/AI需要予測型自動発注サービス」のAI技術を用いて分析することで、店舗別・アイテム別の推奨発注量を自動で算出し、西友に提供する。日立は、実績値と予測値を比較して自動補正を行うことで、需要予測精度の向上を図る。

【関連記事】
西友とサニーの全331店舗で9月から「PayPay」利用可能に
楽天と西友、ドローン商用配送サービスを提供 横須賀でBBQ用の生鮮品などを500円でデリバリー
楽天西友ネットスーパーがアクティブコアの統合型ソリューションを採用 購買傾向などを可視化
日立、AIで顧客の声を約1,300種類に分類する「感性分析サービス」の提供を開始
「情報銀行」の実現に向けた実証実験を開始/日立製作所、東京海上日動、日本郵便、DACら6社が参画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5