SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Sprocket、「Amazon Pay」をWeb接客の形で実装できる新機能を提供開始

 Sprocketは、統合Web接客プラットフォーム「Sprocket(スプロケット)」に、ID決済サービス「Amazon Pay」をWeb接客の形で簡単に実装できる機能を新たに搭載。提供を開始した。

 「Amazon Pay」は、Amazon以外のサイトでもAmazonアカウントを使ってログインし、支払いができるID決済サービス。ユーザーは、クレジットカード情報や配送先情報を入力する手間なく、最短2クリックで商品購入と会員登録まで行えるため、導入したECサイトの購入率や会員登録率UPが期待できる。

 今回の新機能により、「Sprocket」の管理画面から設定すれば、Web接客型による「Amazon Pay」の利用案内を、ECサイト上の適切な場所に、適切なタイミングで表示することが可能になる。どの場所に表示された「Amazon Pay」の利用案内から、どれくらい購入に至ったのかを計測することも可能だ。

SprocketによるWeb接客型Amazon Payイメージデモ画面(モバイル)
SprocketによるWeb接客型Amazon Payイメージデモ画面(モバイル)

【関連記事】
「Sprocket」にデータ連携機能が追加 自社サイト&外部プラットフォームから取り込みが可能に
仙台銀行がWeb接客プラットフォーム「Sprocket」を採用
Sprocket、XTech Venturesやセールスフォース投資部門から約2.8億円を資金調達
効率的なサイト改善でCVRを向上!「Sprocket」にヒートマップ分析機能が追加
ナビプラスのリタゲツールと「Sprocket」が連携 ニッセンの通販サイトでは109%の購入率増加も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング