MarkeZine(マーケジン)

記事種別

オトナルとニッポン放送、ポッドキャスト番組でのプログラマティック音声広告の販売を開始

2019/10/11 11:45

 オトナルとニッポン放送は、マルチプラットフォームで聴取可能なポッドキャスト番組でのプログラマティック音声広告の販売を開始した。

 これにより広告主は、オトナル経由でニッポン放送が各種ポッドキャストに配信している番組の広告枠をプログラマティック広告として購入できる。音声コンテンツ内の広告枠に対して、買い付けシステム経由で買い付けを行うことで、予算上限に合わせ音声広告を自動的に配信することができるため、広告主は予算や希望したタイミングに合わせた購入が実現する。

本取り組みのイメージ

本取り組みのイメージ

 ポッドキャスト番組の配信先は、「Apple Podcasts」、「Google ポッドキャスト」、「Spotify」、「Castbox」をはじめとした各種アプリ、「スマートスピーカーAmazon Alexaスキル」などが用意されている。

 配信にあたっては、配信日時や曜日といった日時ターゲティング、国や県などといった位置情報によるエリアターゲティング、特定のデバイスだけに配信するデバイスターゲティングなど様々なターゲティング条件を活用できる。

 両社は、本取り組みの第一弾番組として、ニッポン放送がポッドキャスト用に再編集して配信を行っているニュース情報番組「飯田浩司のOK!Cozy up!」のポッドキャスト番組の広告枠を販売。広告配信が可能なポッドキャスト番組は、今後増加する予定だ。

【関連記事】
オトナル、音声広告を聴いたユーザーをリタゲで追跡することが可能な新ソリューションを提供
朝日放送、電通らAIカメラを活用したスポーツ映像配信を実験 撮影コスト約10分の1で広告を自動挿入
ADK MS、放送局の見逃し配信サービスと提携したプライベート・マーケットプレイスを提供
ドワンゴとAbemaTVがパートナーシップ締結 AbemaTVの番組をニコニコ生放送などへ配信
博報堂DYメディアパートナーズと中国放送、 野球中継終了後の放送枠を活用した「リリーフドラマ」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5