MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Amebaに聞く、安定したメールの大規模配信と制作工数の削減を実現できた理由

2019/11/08 10:00

 サイバーエージェントが提供する国内有数のブログサービス「Amebaブログ」では、メールマガジンの制作・配信にユミルリンクのメール配信システム「Cuenote FC」を活用してきた。なぜ同社サービスを活用しているのか、現在の担当者とリプレイスをした社員から話を伺った。

Amebaで配信しているメルマガとは

MarkeZine編集部(以下、MZ):まず、皆さんの担当業務について教えてください。

堀尾:私はAmeba編集室に所属し、主にAmebaが運営するニュースサイト「Amebaニュース」の編集を行っています。

永山:私も堀尾と同じAmeba編集室でメルマガを担当しています。

北條:今はAbemaTVの番組に関連した情報をお届けする「AbemaTIMES」という媒体で編集をしていますが、メール配信システムをユミルリンクさんの「Cuenote FC(キューノート エフシー)」に変更したころは、Ameba編集室でメルマガを担当していました。

三品:僕は以前、技術本部でインフラエンジニアとして「Cuenote FC」の導入を検討し、リプレイスを進めました。今はAbemaTVでエンジニアをしています。

左より、株式会社サイバーエージェント 堀尾 氏 永山 瑛子氏 株式会社AbemaTV 北條 愛氏 同社 エンジニア 三品 浩平氏
左より、株式会社サイバーエージェント Ameba事業本部 Ameba編集室 堀尾 絵美氏
同編集室 永山 瑛子氏
株式会社AbemaTV Abema編集室第二編集部 北條 愛氏
同社 エンジニア 三品 浩平氏

MZ:Amebaではどのようなメルマガを発行しているのでしょうか。

永山:芸能人・有名人から一般の方々まで、Amebaブログの中から皆さんに届けたいものをピックアップし、週に2回メルマガを配信しています。メルマガはAmebaにとっては大きな送客手段の一つです。

堀尾:ユーザーの方にこちらから届けるものだからこそ、内容はしっかりと吟味してよりよいものになるよう心がけています。

メルマガ配信サービスのリプレイスでコストが半分に

MZ:メルマガは以前からずっと活用されてきたのですか。

永山:Amebaは今年で15周年を迎えるサービスなのですが、ガラケー全盛時代からメルマガはずっと作ってきました。

MZ:Amebaブログのピックアップ以外にもメルマガは活用されていますか。

堀尾:はい、アメーバピグや広告メールなどで使っています。

永山:そのため、Ameba事業本部としては週に7から10本近くのメルマガを配信していると思います。ほぼ毎日何かしら送っていますね。

MZ:では、導入された当時のお話を三品さんと北條さんにお伺いします。「Cuenote FC」にしたのはリプレイスとのことでしたが、どのような経緯があったのでしょうか。

三品:以前利用していたサービスは従量課金制だったため、年々会員数も増えサービスが拡大していくにつれてコストが増大していきました。このコスト削減を実現すべく他社サービスを探していたところ、ユミルリンクの方と出会い、相談させていただきました。

 すると「Cuenote FC」は定額課金のモデルで、通数や配信のボリュームにかかわらず料金が一定だったので導入することを決めました。コストが以前の半分くらいまで削減することができましたね。

コスト削減以外に導入して良かった点は?

MZ:コスト削減が見込めたのが一番の決め手だったんですね。その他に導入して良かった点はありますか。

三品:導入に向けたサポートがすごく手厚いのは助かりました。また、導入の際に運用面での課題もいくつかお伝えしたのですが、それを改善するためにシステムのカスタマイズも進めてくれました。

MZ:具体的には、どのようなカスタマイズを行ったんですか。

北條:たとえば、メルマガのプレビュー画面を用意いただき、制作作業がスムーズに行えるようになりました。

MZ:「Cuenote FC」と以前のメール配信システムを比較して、ここが優れていると感じる部分があれば教えてください。

三品:性別やスマホのOSなどでセグメントを切ったアドレス帳を使って配信することがあるのですが、以前はそのアドレス帳作成を手運用で行っていました。しかし、こちらでアドレス帳を自動生成するバッチ処理(定期的にあらかじめ設定した処理を行う方法)を用意し、ユミルリンクのサーバーにアップロードする仕組みが構築できたので、工数の削減が実現できました。

北條:その他にも、これまでかなり工数がかかっていた作業の自動化などが「Cuenote FC」の導入によって進みましたね。また、以前はAmeba事業本部の全部署で同じ管理画面を利用していたので、下書きがたくさん保存されていてその中から自分の下書きを探すなど、効率的な作業がしづらい状況が発生することもありました。

 「Cuenote FC」の導入後は、部署ごとに管理画面を分割できるようになったので運用もしやすくなり、画面も各部署で使いやすいようにカスタマイズしていただいたので、非常に助かったのを覚えています。

永山:HTMLメールも直感的な操作で作れる管理画面になっているので、誰でも操作できるのは非常に魅力的です。

安定した配信と工数削減の両方を実現

MZ:そうした機能強化によって、メルマガ作成の現場はどのように変わりましたか。

三品:先ほどお話ししたメルマガを出し分けるためのアドレス帳作成など、以前は手運用で行っていたことがすべて自動化できたことで、作業時間を大きく短縮できました。リストを作るだけでも、何時間もかかっていましたので。

北條:以前はアドレス帳を作成した後のアップロードも時間がかかっていたのですが、自動化によって人手を介さず時間も短縮できました。Ameba編集室は週に2回の配信頻度ですが、アメーバピグなどもっと配信数が多い部署ではさらに工数削減になったのではないかと思います。

MZ:メールが届くのが遅い、届かないといったトラブルもありませんか。

三品:ほとんどないです。導入時に、なるべく短時間で送りたいという希望もあり、ユミルリンクの担当者の方と一緒に検証やサーバー増強も行い、一番早く送れる形に調整ができました。たとえば1,100万件の全件配信では、2時間半くらいで送れます。まれに相手側のサーバートラブルなどでエラーが出ることがあるので、そうしたものは、自動的に再度送るという仕組みになっています。

手厚いフォロー体制でスムーズな導入を

MZ:全社で利用しているシステムを変えるということで、他の部署からもすぐに理解を得られましたか。

三品:これだけ利便性が上がり、コストが下がるというメリットが明確だったので、前向きな理解を得ながらリプレイスを進められました。また、ユミルリンクの方がメルマガの運用担当に向けて説明会なども開いてくれたことで、導入後の浸透も早かったと思います。

北條:説明会はとてもありがたかったですね。何度もユミルリンクの方が足を運んで丁寧に説明してくださったので、私たちにストレスがほとんどかかりませんでした。

「Cuenote FC」でより開かれるメルマガを目指す

MZ:最後に、メルマガ配信における今後の展望をお聞かせください。

永山:Amebaはユーザーの年齢層が幅広く、10代の方から60代を超える方までご利用いただいていますので、今後は年代別で配信をしてみたいですね。そうすると、よりユーザーファーストなメルマガになると思います。

 たとえば芸能人・有名人ブログからピックアップするにしても、年代によって好まれる人や認知度の高い人は大きく異なることがあります。後は機能面で要望があるとすれば、誤字・脱字の指摘などをAIが判別して行ってくれるといいですね。

堀尾:日々多くのメルマガが送られてくる中で、開きたくなる工夫を心がけたいですね。タイトル一つで、ユーザーの皆さんに開いていただけるかどうかも大きく変わりますから。自分のスキルを磨くのはもちろんですが、それ以外でアピールできる方法は何かないか常に考えたいです。

永山:ユミルリンクさんは、様々な企業からメルマガについて相談を受けていると思いますので、ぜひ他社事例などをキャッチアップしてメルマガのトレンドを教えてほしいです。私たちも自社以外のメルマガのノウハウを得る機会が多くないので。今後も「Cuenote FC」とユミルリンクさんとともに、メルマガの質を日々向上させ、しっかりユーザーに届けていきたいです。

一番左の男性は、Amebaを担当している
ユミルリンク株式会社 セールス本部 営業部 営業1課 アシスタントマネージャー 武藤 直幸氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5