SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

Amebaに聞く、安定したメールの大規模配信と制作工数の削減を実現できた理由

 サイバーエージェントが提供する国内有数のブログサービス「Amebaブログ」では、メールマガジンの制作・配信にユミルリンクのメール配信システム「Cuenote FC」を活用してきた。なぜ同社サービスを活用しているのか、現在の担当者とリプレイスをした社員から話を伺った。

Amebaで配信しているメルマガとは

MarkeZine編集部(以下、MZ):まず、皆さんの担当業務について教えてください。

堀尾:私はAmeba編集室に所属し、主にAmebaが運営するニュースサイト「Amebaニュース」の編集を行っています。

永山:私も堀尾と同じAmeba編集室でメルマガを担当しています。

北條:今はAbemaTVの番組に関連した情報をお届けする「AbemaTIMES」という媒体で編集をしていますが、メール配信システムをユミルリンクさんの「Cuenote FC(キューノート エフシー)」に変更したころは、Ameba編集室でメルマガを担当していました。

三品:僕は以前、技術本部でインフラエンジニアとして「Cuenote FC」の導入を検討し、リプレイスを進めました。今はAbemaTVでエンジニアをしています。

左より、株式会社サイバーエージェント 堀尾 氏 永山 瑛子氏 株式会社AbemaTV 北條 愛氏 同社 エンジニア 三品 浩平氏
左より、株式会社サイバーエージェント Ameba事業本部 Ameba編集室 堀尾 絵美氏
同編集室 永山 瑛子氏
株式会社AbemaTV Abema編集室第二編集部 北條 愛氏
同社 エンジニア 三品 浩平氏

MZ:Amebaではどのようなメルマガを発行しているのでしょうか。

永山:芸能人・有名人から一般の方々まで、Amebaブログの中から皆さんに届けたいものをピックアップし、週に2回メルマガを配信しています。メルマガはAmebaにとっては大きな送客手段の一つです。

堀尾:ユーザーの方にこちらから届けるものだからこそ、内容はしっかりと吟味してよりよいものになるよう心がけています。

メルマガ配信サービスのリプレイスでコストが半分に

MZ:メルマガは以前からずっと活用されてきたのですか。

永山:Amebaは今年で15周年を迎えるサービスなのですが、ガラケー全盛時代からメルマガはずっと作ってきました。

MZ:Amebaブログのピックアップ以外にもメルマガは活用されていますか。

堀尾:はい、アメーバピグや広告メールなどで使っています。

永山:そのため、Ameba事業本部としては週に7から10本近くのメルマガを配信していると思います。ほぼ毎日何かしら送っていますね。

MZ:では、導入された当時のお話を三品さんと北條さんにお伺いします。「Cuenote FC」にしたのはリプレイスとのことでしたが、どのような経緯があったのでしょうか。

三品:以前利用していたサービスは従量課金制だったため、年々会員数も増えサービスが拡大していくにつれてコストが増大していきました。このコスト削減を実現すべく他社サービスを探していたところ、ユミルリンクの方と出会い、相談させていただきました。

 すると「Cuenote FC」は定額課金のモデルで、通数や配信のボリュームにかかわらず料金が一定だったので導入することを決めました。コストが以前の半分くらいまで削減することができましたね。

次のページ
コスト削減以外に導入して良かった点は?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

平田 順子(ヒラタ ジュンコ)

フリーランスのライター・編集者。大学生時代より雑誌連載をスタートし、音楽誌やカルチャー誌などで執筆。2000年に書籍『ナゴムの話』(太田出版刊)を上梓。音楽誌『FLOOR net』編集部勤務ののちWeb制作を学び、2005年よりWebデザイン・マーケティング誌『Web Designing』の編集を行...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/11/08 10:00 https://markezine.jp/article/detail/32265

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング