SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

GOと朝日新聞社が連携、社会課題解決型新聞広告「BrandNews」提供開始 収益の一部を寄付

 The Breakthrough Company GO(以下、GO)は朝日新聞社と連携し、社会課題解決型の新聞広告を企業と共に発信するサービス「BrandNews(ブランドニュース)」の提供を2019年11月22日より開始した。

 「BrandNews」は、「報道」の立場で社会課題と向き合ってきた朝日新聞社のジャーナリスティックな視点と、企業のブランディングや事業成長などを幅広く手掛けてきた広告クリエイターの視点を掛け合わせ、新聞広告の制作を行うサービスだ。

 広告クリエイターには、GO所属に限らず、社会的メッセージの開発を得意とする9名のクリエイターが参画。朝日新聞社からは、論説委員等を歴任してきた高橋万見子氏がプロジェクトに参画する。出稿企業の対峙すべき社会課題を2社が共同で検討し、適切なテーマ設定のもと、企業姿勢を表明する広告クリエイティブを開発していく。

 また、同サービスでは、出稿企業が姿勢を表明した社会課題の解決に貢献すべく、収益の一部を該当する課題に着手している団体や活動に寄付する。

【関連記事】
GOとラクスル、スタートアップ向けに最短2ヵ月・低予算でテレビCMを実施できるサービスを提供
朝日新聞社、訪日客向けPR映像の制作・配信・販売事業を開始 自社サイトやSNSなどで動画を公開
朝日新聞社、IASとの協業で新たな広告メニューを提供へ 不正インプレッションなどを除外
DAC、集英社、朝日新聞社が「TJパートナー」をリリース 井浦新氏などのクリエイターとコンテンツ開発
朝日新聞社、人工知能への取り組みを加速~レトリバと自然言語処理で共同研究へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング