SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Adjust、AppLovinと連携 アプリ内広告に接触したユーザーによる収益を計測可能に

 モバイル計測や不正防止を支援するadjust(アジャスト)は1月17日に、モバイルマーケティングプラットフォームのAppLovin(アップラビン)と連携し、Adjustの広告収益レポート機能をAppLovinが提供するアプリ内の広告入札システムMAXに拡張することを発表した。

 これにより、両サービスを使用するマーケティング担当者は、アプリ内広告に接触したユーザーによる収益を計測できるようになる。この機能は、リターゲティングキャンペーンの最適化と、ユーザーのLTVの正確な測定を支援するものだ。

 Adjustの広告収益レポートは、広告収益データをユーザー獲得のソースに結びつける機能。ユーザーのプライバシーに準拠した方法で、LTVとユーザー1人当たりの平均収益額(ARPU)を正しく測定できる。マーケターはより正確なデータを取得し、アプリユーザーにより効果的でパーソナライズ化された広告を提供できる。

 AppLovinのデータによると、MAXを使ったアプリ内広告によりARPDAU(デイリーアクティブユーザー1人当たりの平均収益額)が平均10〜30%増加し、マニュアル作業にて広告の収益化を最適化する時間が短縮される。

【関連記事】
ジーニー、「GenieeDMP」を広告効果測定ツール「Adjust」「AppsFlyer」と連携
Adjustが2億2,700万ドルの資金調達を完了 既存市場の拡大と新規市場への参入を図る
Adjust、Twitter傘下のMoPubと連携 広告収益計測機能を拡張し正確なROI把握を支援
Adjust、アドウェイズと戦略的パートナーシップを提携 スマホアプリ向け効果測定システムを事業譲受
Adjust、「ユーザー単位の広告収益」を計測できるレポート機能をローンチ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング