SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

OOHメディア・ソリューションとケシオン、屋外広告媒体の広告接触者数を提供するWEBサービスを開発

 OOHメディア・ソリューションとケシオンは、GPSデータの活用により検出した屋外広告媒体の広告接触者数を参照できるWEBサービス「OOH-ATLAS」(オーオーエイチ・アトラス)を共同開発した。

 同サービスは、広告代理店や企業の宣伝担当向けの、屋外広告に特化したGIS(地理情報システム)サービス。これにより、これまで客観的な評価指標がなく広告効果測定の難しかった屋外広告が、マスメディアやインターネット広告と比較できるようになる。

 具体的には、屋外広告媒体の広告接触者の人数や属性を参照することができるようになる。サービス開始時点では、全国主要都市にある主要100媒体の広告接触者数について、平日・休日別年間平均人数および1時間ごとの推移をグラフで表示する。

 広告接触者数の算出にはスマートフォンアプリから収集したGPSデータを活用。ケシオンが開発したシステム「広告媒体接触者数検出装置」の独自のアルゴリズムで推計した、より通行量に近いGPSデータをベースに広告接触者数を検出する。

 サイトの一般公開は2020年春を目標に準備中。利用の際には、無料または有料の会員登録が必要となる。無料会員には屋外広告媒体周辺通行量を提供。有料会員には広告接触者数、属性(年代、性別、居住地、勤務地)のほか、実際に媒体に広告を掲出していた期間の広告接触者数(開発中)などを提供していく予定だ。

 GPSデータは日本全国で取得可能なため、所在地などの情報があれば、遠隔地でも屋外広告接触者数を容易に検出することが可能となる。

 今後、日本全国の屋外広告接触者数がいつでもわかるように開発を進め、全国の屋外広告会社に利用を広めていく。

【関連記事】
OOH×スマホ広告で認知拡大 CyberZ、「エリアジャック×TwitterIVS」を販売開始
電通とCCI、OOH広告の「自動的な広告売買・配信」実験を開始 OOH広告ビジネスのデジタル化を推進
ジーニー、歯科医院のデジタルサイネージへプログラマティックOOH広告を配信可能に
ロート製薬、商品名を伏せたクイズ型ツイッターキャンペーンとOOH広告を実施
ドコモと電通が新会社「LIVE BOARD」設立へ デジタルOOH広告事業の普及・拡大を推進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング